Pencil ✒︎ Pencil

買ったもの、考えたこと、勉強のこととか。

iPhoneからガラホに変えてみた

僕はこのブログでApple WatchiPadなどApple製品のレビューをするくらい、いわゆるガジェット好きです。

 

以前にも書きましたが、僕が今まで購入しきたApple製品はというと

 

 

と、身分と釣り合わない買い物を繰り返してきたわけでございます。

 

 何でこんなに買ってきたかというと、これを買えば革新的に自分の生活が変わるという淡い希望ばかり抱いてきたからです。

 

でも、そんなことはなかった。 

 

こんなに賢いガジェットに囲まれていても僕自身が、賢くなるわけでもなく、 むしろガジェットに飼いならされ全くの無思考状態に落ちていたのでした。

 

youtube

まとめサイト

Spotify

Apple Music?

電子書籍

Amazon

20GB?

ジャスティンビ○バー?

 

 

「俺は何でこんなにスマホタブレットをいじっているんだろう?

便利になったかもしれないけど、俺の心は全く満たされていないじゃないか」

 

そんな疑念が頭をもたげ、とうとうその重みに耐えられなくなった、、、、、、

 

iPhoneを解約してしまいました。 もううんざり。

 

 

 

 

AQUOS ケータイ2

f:id:pencilpencil:20170612211921p:plain

f:id:pencilpencil:20170612212550p:plain

f:id:pencilpencil:20170612212554p:plain

さて機種変したのはこいつ

AQUOSケータイ

www.softbank.jp

 

うちのおかんが初代AQUOSケータイを使っていて、 僕はそれをみて

「YOU早くスマホに変えちゃいなよ」

とかほざいてタマムシ野郎なのですが、まさか自分がこいつに機種変するとは思はなんだ。

 

まぁ、LINEなど最低限のアプリができるだけの、限りなくガラケーに近いUIにチューニングされたAndroidというやつです。 

 

これをAndroidと呼んで良いのか非常に微妙ですが、これが僕にとって事実上初のAndroid端末ということになります。

 

皆さん既に太古の記憶と化しているかもしれないですが、懐かしの物理キーボードを使って操作します。

フリック入力に慣れてしまった僕には拷問でしかないこの文字入力。

 

何を好き好んで同じボタンを3回も四回も押さなきゃならんのだ?

 

この時点でなんかもう泣きそう

 

カメラ性能も最小限と行った感じで、iPhone7のカメラに慣れてしまうと、ニンテンドー3DSかな?と思うくらいノイジーに感じます。 

 

正直これで写真を撮ろうとは思えません。まぁ、そんなに写真撮ることもないんですけどね。

 

ただ驚きなのは、この物理キーの内部にトラックパッドのようなセンサーが入っているようで、 なぞるとカーソルが現れます。 これは意外な機能。

 

f:id:pencilpencil:20170612213838p:plain

 

LINEが使える

コミュニケーションツールの要LINEも一応使えます。

f:id:pencilpencil:20170615132530p:plain

ただ使えない機能もあって、スタンプの購入やLINEPAYなどといった機能はありません。

 

本当に基本的機能のみといった感じです。

 

セキュリティ番号で詰む

ただ使っていて一番戸惑いを感じたのは、 セキュリティー番号を入力するときでした。

 

S!メールどこでもアクセスというオプションを付加しようと、MySoftBankから設定を進め、一度AQUOSケータイの方へURLを送り、そこへアクセスしてセキュリティ番号を入力する必要があったのですが、

 

 

スマホならば、

  1. ブラウザアプリを一度閉じ
  2. アプリを切り替えて送られてきたメールを開き番号を確認
  3. 番号を記憶してから再度ブラウザに戻り入力

すると思うのですが、僕の調べ方が足りないのか、ブラウザを保留しながらセキュリティナンバーを入力する手段が見当たりません。

 

どうしても一度ブラウザを閉じる必要があるのですが、閉じると送られてきたセキュリティ番号が無効になってしまうので詰んでしまったのです。

 

LINEで設定するときは番号が自動入力されたので問題なかったのですが。

 

仕方なくオプションはキャンセルし、せっかくの無料期間も強制終了させることとなってしまいました。 

 

プラン (ソフトバンク

  • 端末代

月々1320円

  • 通話定額ライト基本料

月々1296円

  • ウェブ使用料 

月々324円

  • その他オプション

月々540円

  • データ定額S (0〜2GB 使ったぶんだけ請求される。2GB以降は通信速度が遅くなる代わりに定額。 また通話は一ヶ月5分以内なら無料)

月々0〜4536円

  • 月々割

月々ー830円

 

合計 月々2650〜7186円なり

 

このプランだと、仮に全くネットとか使わなければ、だいたい月々3000円ほどで済むことになる

 

iPhone7を契約していたときは、月額9800円ほどかかっていたので、うまく運用すれば6000円安くなるのです。こいつぁはグレートだぜ。

 

ただ心配なのは、情報疲れが進んでしまった僕といえど、果たしてこの縛りにどれほど耐えられるのだろうか? 

自分がどれほどスマホに依存していたかを思い知るのはこれからなのかもしれません。

 

まぁ、もう契約しちゃったんで守るしかないんですがねぇ。

 

スマホ断捨離のメリット

いじればいじるほど、iPhoneと比べて劣っている点にばかり目がいってしまうのですが、 この絞りというのもなかなか気持ちがいいもんです。

 

  • モバイルSuicaが使えない
  • お気に入りのアプリが使えない
  • ブラウザも貧弱(Gizmodo、GIGAZINE、Lifehackerを満足に読めない)
  • 音楽ストリーミングもできない
  • 電子書籍も読めない
  • スマホと連携するガジェットも全く使えない

 

正直これらは少し前までなくてはならない僕の文化的生活を支えるインフラでした。

 

でも、僕自身の頭はスマホにべったり頼ってほとんど働くことを放棄しており、文化的だとはとても言えなかったのです。

 

流される購買意欲掻き立てる情報、情報、情報、情報・・・・・

なんとなくAmazonを覗いて、心の隙間を埋めたいがためだけに高価なものを次々と購入する自分を馬鹿なやつだと自覚しながら、スマホを持っている限りそんな自分を変えることができなかったのです。

 

大層な性能のiPhoneを使っていても、結局キニ速読んでいるだけでした。

 

これが豊かで文化的な未来に繋がる生き方なのでしょうか? 

 

いや、そもそも単純に僕にはスマホを使いこなす能力がなかっただけだったのでしょう。

 

なのでスマホを一度手放すことにしました。 

本来はパソコンも手放すべきなのかもしれませんが、 そこまでいくといよいよ現代社会についていくことができなくなりそうで・・・

 

とりあえず、住み分けを作ることから始めてみましょう。

 

なんとなくスマホに手が伸びて貴重な時間が消えていくという虚しい負の連鎖がなくなることで、随分と穏やかな時間が増えるはずなのです。

 

これだけでもiPhoneを手放した甲斐があったってもんですよ。