Pencil ✒︎ Pencil

買ったもの、考えたこと、勉強のこととか。

感想文 その2 勉強について

その1⇨ 感想文 その1 宇宙に関する僕の感覚 - Pencil ✒︎ Pencil

 

特にこのサイトの観念的な領域について読み漁る日々を通じて特に影響が現れたのが学習に対するスタンスです。

 

僕は以前にも書きましたが、 受験に失敗しています。

 

浪人して、 それでもなお受かることができなかった僕は、 受験を辞めました。

 

もう正直勉強なんかしたくなかったし、 何がしたいんだか自分でもわからなくなっていました。

 

そもそも受験をした理由が「大学に入らないと就職できない。 優越感に浸りたい」という強迫観念でしたし、勉強をろくすっぽしてこなかった自分には常に焦りがつきまとっていました。

 

今向かっている科目に全く興味がない。何がしたいというわけでもない。

 

最初は、予備校に通いながら日々できることが増えていくこと、熱中している自分に酔っていましたが、 うまく結果に結びつかない現実に直面すると、途端に小賢しくあれこれ考えてしまうことでどんどん勉強に手がつかなくなってしまっていました。

 

そして一浪でもダメでした。

 

そして二浪し、夏頃に成績が上がりましたがなんと二浪目でもダメでした。

 

 

落ちた時、 もう一年やっても無理だろう直感しました。

精神科通ったり、色々ガタが来てたのもありましたが、

明らかに自分には足りないものがある、自分には軸がないという考えが付きまとっていましたから。

 

常に焦り、 恐れを原動力に、興味も湧いてこない科目に向き合い続ける。

そんな社会と隔絶された一年間を過ごし、僕の中からは何も湧いてこなくなりました。

 

 

 

受験の後半、当初の目的だった勉強関連の記事は全く読まなくなり、精神的な記事ばかり読むようになっていました。

その記事を読むことがなにより癒されることで、なにより興味があることでした。

自覚せずとも、 より深い領域では自分にとっての近道はそこだと感じていたのでしょう。

 

ですが、焦りと恐怖が「そんなことしてると大学に行けないぞ」と囁き、 同時に非常に苦しい日々を送っていました。

 

結局落ちてしまいましたが。 

それも全くのA判定の大学ですら落ちていました。 

 

僕は、すっぱり受験を忘れることにしました。 

もっと根本的な部分を見直したい。 

一度社会と関わりたい。

そう常々考えていましたから。

受験の一切合切を忘れ、 落ちた日には面接を取り付けていました。

 

 

精神的な記事を読んでいたからこそ、受験を切り捨てることができたのだと思います。恐る恐るでしたが。

じゃなかったら、多分、そのまま浪人の皮を被ったニートになっていた。

 

しかし、受験勉強目当てに読み始めたことが皮肉にも受験を切り捨てる決心をさせるとはなんとも皮肉なことです。

 

社会と関わることをその時の僕は何より欲していました。

 

そしてバイトを始めながら、精神的な記事を読み続けました。

 

そうやって、バイトしながらもなんやかんやサイトを読破し、 書いてある内容を現実に当てはめ、試行錯誤する日々を続けるなかで、自分を分析し続けました。

 

時には、先輩に怒られ、仕事でミスして怒られ、 対人関係がこじれたり、 死にたくなったり、できない自分を責めたり色々ありましたが、 それでも答えがあると信じてサイトの記事の内容を読みまくって、試行錯誤しました。

 

そうしているうちに、「答えは自分の中にあるのでは?」と思いいたり、 サイトを読むのもほどほどにして自分で考えてみることにしました。

 

 

そしてある日目を閉じて考えている時ようやく、自分が常に焦りと怖れで行動していたことに気がつきました。

 

僕には根本的に愛(陳腐な言葉ですが)が足りてなかった。   

愛こそがこの世の多くを強く引きつけている力だと。

眼前にそびえ立つスカイツリーも、 好きな音楽も、 作った人の愛を糸にして結んだ結果だ。

 

じゃあ自分にはどんな愛があるのか。

 

そこでともかく愛を意識して行動してみると、面白いことに不思議と相手の表情も朗らかになってくれるのでした。 また、僕を望む方向へをより早く前進させた出来事でもありました。

 

これは全くの価値観の逆転でした。

何かをはっきり掴んだと思います。

 

 

そしてこうして今ままで読み取ったものをアウトプットしているのですが、 

 

僕はまた同時に勉強とは何かを知ることができました。

 

サイトを読み漁って試行錯誤する。 その過程こそが真の勉強だと。

 

書かれていることを体得したかったし、 それが必要だと心の底から思っていたし、 疑問が湧くたびサイトを読み返してきました。繰り返すことが近道だとサイトにも書かれていましたから。

そしてより理解したくて自分で考える時間も設けていました。

 

それを自然と無意識に行なっていました。

 

今まではやらされるがままに受動的に教材をこなすだけで、 自発的な問いかけや試行錯誤が全くなかった。

 

なので、 基礎、標準問題は解けるのに応用となると全く歯が立たなかった。

そこに焦りと怖れがやるべきことを遠ざけていました。

解けない自分に直面するのが怖かったのです。

 

 

 

今までのサイトの読み方を当てはめながら、勉強してみたらどうなるんだろうと、昔使っていた教材をもう一度解いてみました。

 

何度も繰り返す。 無意識に全てを放り込むイメージで。

もっと自分の深い領域、宇宙を信じる。 そして、この教材は先人の愛の結晶なんだと。

知恵に姿を変えて、 ニュートンも生きてる。

素敵じゃないですか。

 

すると牛歩の歩みですが、 今までは解けなかった問題が解けるようになったのでした。 

 

 

 

これを応用したらどうなるんだろうと、最近少しワクワクしています。