Pencil ✒︎ Pencil

買ったもの、考えたこと、勉強のこととか。

ノートとしてのiPad Pro 9.7インチと12.9インチどっちがいいのさ

 

内容が酷かったので書き直しました(2017/04/03)

追記追記 2017年6月7日

iPad Pro10.5インチと12.9インチが発表されました。

9.7インチに水をあげられていた12.9インチのディスプレイ性能も2017年モデルではしっかり肩を並べております。

 

 

学生の皆様

いや、勉強に邁進する全ての皆様

 

こんなこと考えたことございませぬか

 

「大学ノートとか教材がかさばって重いし、全部タブレットに入れておきたい!!」

 

ネットでは自炊した書籍をiPadに入れてしまってるという人も多く見受けられます

 

多くの教材、ノートを抱える人がタブレットを買うと、どうも全てをそのタブレットにまとめて見たくなるものみたいです。

 

何故かこの記事のアクセスが3月下旬ごろから伸びているので、 学生の方々はiPad Proにご興味がおありなのでは?

 

おそらくそんな願望を満たしてくれる優力候補は「iPad Pro」と「Apple Pencil」のコンビでしょう

 

 12.9/9.7の両方を買った僕の結論として、「全てをiPad」でというのは

 

「めんど臭い」

 

まぁ、そんなわけで、結論を先に言うと、 大人しく紙を使ってた方がいい。

「アプリはどうしよう」、とか、「Apple Pencil無くした・・・また1万円払わなきゃ」とか、「スキャンスナップたけぇ・・・」とか気にしちゃうような人間が安易にiPad Proを買うべきじゃありません。 電子化というのは贅沢です。(当たり前だろ! 貧乏人が何言ってやがる!)

 

お金と時間が有り余っているあなた

 

是非iPad Pro買いましょう。 いい端末であることには違いありません。

 

iPad Pro 12.9とiPad Pro 9.7

 

f:id:pencilpencil:20161105094909j:image

 

基本的に今まで本を出力するだけだったiPad

iPad Proの登場で大学ノートとしての可能性も見えてきました

 

僕は全てを集約してくれる最高のノートを求めて、12.9と9.7の両方を買いました

 Apple Pencilの書き味は素晴らしいの一言で、iPad用のスタイラスでは他の追随を許さないレベル

iPad Proで手書きするためにスタイラス買うなら11000円払ってでも絶対にApple Pencilにしろと言うレベル

大学ノートとして使うならこの2つで叶えることができます

 

 でも全てを電子化したい人としては、テキストを表示させながらノートとしても使いたいはず

 

でしょ? 未来じゃんフィーチャーじゃん? クールじゃん?

 

iPad Pro12.9の感想

 

f:id:pencilpencil:20161106203130j:image

 

でけぇっ

 

これ一月に買い、自分に合わないと悟ってもう売ってしまいました。(追記 9.7インチも売ってしまいました)

 

これをノートとして3ヶ月ほど使ってたわけなんですが、以下弱点

 

  1. でかすぎて電車内で広げられない
  2. でかすぎて重すぎて片手で持てない
  3. でかすぎてノートをカメラでスキャンしずらい
  4. 修理費(AppleCareなしだと発狂します)

 

こんな感じ

 

申し分ないくらいでかいし、split view使ってもiPad mini二枚分以上、iPad Air1.8枚分はある

 

でかい。 

いや、デカすぎる

 

電車の中とかで広げられないんですよ

カバンから取り出す挙動もでかくなるし、隣に座る人に画面めちゃくちゃみられるし、スペース使っちゃって申し訳なくて集中できない。

 

常に両手で持つこと前提なのも大学ノートとしてNG

 

あとノートをスキャンして書き込もうとしても、でかすぎてノート抑えながらスキャンできない

なんでこんなことしているんだろうって気持ちにさせます。

 

ただ、既に電子化された資料が手元にあり、それらをノートアプリと同時に表示させたいなら12.9一択です。 9.7でも表示できますが、画面が狭いので、ノートにもテキストにもなり切れない中途半端な存在に成り下がることでしょう。

 

 

iPad Pro9.7の感想

これは今でも現役です

f:id:pencilpencil:20161106204228j:image

 パッケージはiPadAir2と瓜二つ

左がiPadAir2で右がiPad Pro

 

っていうのは嘘で左がiPad Pro(なんでそういうくだらない嘘つくの?)

左のパッケージはカメラが少し出っ張ってる(乳首カメラ)

ちなみに床においてもぐらつくことはありません

 

メリットはiPad Pro12.9のデメリットをひっくり返せばまさにそれで

 

  1. 電車内でも快適に開ける
  2. 軽いので片手で持てる(最近発表された無印iPadはボディーの仕様が3世代遅れたiPad Airと同等であり、そのぶん重量も先祖返りしてます。《2017年6月7日時点》なので片手で持つ物としてはベストではないでしょう)
  3. テキストをスキャンできる(使い心地は良くないが、まだマシ)
  4. 目に優しいTrue Toneディスプレイ
  5. 小回りの良さ
  6. 大学ノート用としては無難

 

大学ノート単体として使うなら無難です。

コンパクトでどこでも使えるし、照明に合わせて色味を調整するTrue Toneディスプレイは目に優しい(まぁ噂されている次世代12.9には搭載される機能でしょう)←搭載されました。

 

 

しかし、テキストとノートアプリを同時に表示するほどのスペースはありません。

 

なので、一度に出来る作業は

大学ノートとして使うか

資料を閲覧・書き込み用

のどちらかです。

 

小回りを重視するなら9.7

金に余裕があり、場所を選ばず作業能率を重視するなら12.9です

 

どちらを選ぶにせよ、それなりの準備とお金がかかるので、これなら紙の方がいいやってなること請け合いですがね。

 

 ノートアプリは何がオススメか?

 

有名どころでは

  • Notability
  • Noteshelf
  • Metamoji note
  • Evernote
  • One note
  • ノートパッド
  • メモ(標準アプリ)

(太文字は実際に試したアプリ)

 

などありますね〜。 どれもこれも980円くらいしてアホらしくなるのですが、大学ノート用として勧めるとしたらNotabilityです。

 

自由度が高く、ウェブページをSafariから読み込んで、書き込むことができたり、縦スクロールでページを移動させることができるので、快適に作業できます。

作業領域が広いですし、EvernoteにノートをPDFで預けたり、 保存して途中から作業を復帰させることもできます。

 

ただし、書き味はさほど良くありません。

 

f:id:pencilpencil:20170403204923p:image 

 

書き味だけならNoteshelfなのですが、こちらはノートが狭いし、無駄にデザインが凝っているばかりで自由度があまりよろしくありません。

 

 f:id:pencilpencil:20170403204930p:image

 

Evernoteにファイルを保存することができず、 連携できてもEvernote上にノートを表示させることしかできないのも惜しいところです。

f:id:pencilpencil:20170403205155p:image

 

 

僕はクラウドサービスとしてEvernoteを使っているのと、容量が制限されることもあり選択肢には入れなかったのですが、One Noteもおすすめです。

 

こちらは、1つのノート上に、左右上下無限に書き込んでいくことができます。

そんなに書き込むかどうかは別ですが、個人的にはこの自由度は魅力的に感じます。

 

f:id:pencilpencil:20170403203505p:image

f:id:pencilpencil:20170403203508p:image

f:id:pencilpencil:20170403203512p:image

f:id:pencilpencil:20170403203532p:image

 

Evernoteにも描画機能は付いていますが、 一度に書き込めるのは画面表示された領域のみで、画面を拡大縮小しながらガンガン書き込んでいきたい僕の用途には合いませんでした。単純に書き味がよくないってのもあります。

 

 

とにかく、ノートアプリも自分に合ったものを探し求める羽目になるので、3000円くらいはアプリで消えると思ってください。 

 

ただ、僕のオススメは、NotabilityとOnenoteです。

 

追記2017年6月7日

iOS11では、Apple Pencilが使えるシチュエーションが増え、Safariやメールでも手書きができるようになるほか、スリープしている状態でモニターをApple Pencilでタップすると即座にメモアプリ(標準アプリ)が開くインスタントメモなど、活用の場が広がるようです。

 

また、メモアプリにはスキャナー機能も標準装備され、スキャンした資料にこれまたApple Pencilを使って直接書き込み、PDF化することができるようになります。

iOS11でメモアプリもかなり使い勝手が良くなるでしょう。

 

正直iOS11のメモアプリはオススメできるものになっていると思います。

 

 

 

 

Apple Pencilはうるさい

 

Apple Pencilのペン軸は硬いプラスチックなので、ディスプレイに書き込むとカツカツ音がなります。

 

この音はどんなに力を緩めて書き込んでも消えず、図書館のような公共の場だとかなり目立ちます。

 

静かな教室だとなおさら目立っちゃうかもしれません。

 

Appleがゴム製のペン軸を発売するなどしてくれれば解決するのですが、 今の所はディスプレイに塩ビシートなどを買ってきて貼るなどして音を殺すしかありません。

 

そうすると、指で操作しずらくなるので、ストレスが溜まります。

 

f:id:pencilpencil:20170403115130j:image

 

Apple Pencilは高い

値札を見れば一目瞭然です。 11000円します。

自己管理能力が足りないと、3本買う羽目になります。 (誰とは言わない)

 

その点、大学ノートはA4サイズは500円。サラサのボールペンなんて100円で買えます。

 

 

結論:

悪いこと言わないから、学生は大人しく紙を使おう

 

電子化された資料が既にあるorすぐにできるなら12.9

紙の資料、教科書を広げて、iPadをノート単体として使うなら断然9.7インチ

 

あ、あとね。

 

iPad Pro使ってて気がついた意外なメリットなんだけど、

 

本体がたわまないので、机じゃなくても椅子とか座りながらでも書きやすいです