読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Pencil ✒︎ Pencil

買ったもの、考えたこと、勉強のこととか。

瞑想を勧めたい。 でも瞑想って言いたくない。

そりゃそうよ。

 

僕。 瞑想にハマっています。

 

やばいやつ一歩手前です。  ってかはたから見たらやばいやつ?

 

少なくとも瞑想云々言い始めた今の僕を3年前の僕が見たら愕然とするだろう。

 

でも悪くないから続いてるし、ねー。

 

まぁ瞑想だけど、 どんな感じか。

 

まず、座ります。 胡座かいてもいいし、 椅子に座って腕くんでもいい。 

それっぽく手をお椀を包むように結んでもいい。

 

目を閉じる。 いろんなことやりたくなって目を開けたり、ペットボトルに手を伸ばしてもいい。

 

その都度目を閉じて深呼吸する。 次第に、頭のなかのイメージと観念の激流に流されるだけでなく、そいつを斜めから俯瞰できるようになる。

 

そうなるとあとは楽勝。 どんどん意識は洗練され、 イメージはまとまり、または静寂に沈んでいくことになる。

 

これがなかなか心地よい。 

 

怒って我を失いずらくなるし、 新しい考えが浮かぶこともある。

 

そんな瞑想だけど。

 

人に瞑想って言いたくないよね。

 

やってみてちっともスピリチュアルなもんでもないし、良いストレス解消法(というより緊張解消法かな)にもなってると思うんだけど、瞑想ってだけでそういうイメージにひきづられる人も多いと思う。

 

実際調べると、日の出と草原とその中で座禅を組むヨガお姉ちゃんみたいな画像が絶対出てくる。

 

まぁ仕方ないけど。

しまいには、霊界とか、シャーマニズムとか、飛躍したファンタジーがさも真理かのようにブログタイトルにしちゃうサイトを見るとね。 あーあってなる。

 

まぁしっくりそれでくるなら良いかもしれないけど。

 

うーん。

 

そんな感じで、瞑想の新しい呼び方ないだろうか?

 

擬似仮眠法とかどうか

 

うーん。水素水となんら変わらんな。 俺のセンスはそんなもんか?

 

自慰のポーズなんてどうかしら。 どうかしてる。

 

まぁ、人に言わなければ良いことだよね。  解決。