Pencil ✒︎ Pencil

買ったもの、考えたこと、勉強のこととか。

限界をこしらえて喜ぶのは誰だ

ふと思いました。

 

何かできないことや苦手なことに向き合わなければいけないとき、 人はなぜ苛立ったり不安にかられたり冷や汗をかくのだろうと。

 

誰もがイライラしたくないし、 前向きでいたい。 

 

自分の望むことを達成する過程を流れる様に楽しむことができるのであればどんなに良いだろうと。

 

それに反し、体は突然現れる課題に拒絶反応を起こし、 後で苦しむと分かりながら他のことをやってしまい、後悔するという負の連鎖を起こしてしまうの。

 

 

それは、自分が喜んだり、前向きになられると困る奴が僕らの心の中にいるからじゃないでしょうか。

 

そいつは、僕達が苛立ったり、苦しんだり、 気が沈んだりしてもらわないと困るんです。

存在できないんですよ。 

 

だから、そいつは僕らの心に忍び込んで「お前には限界がある。 足りないものばかりだ。 さぁ挫折して苦しめよ」とあの手この手でそそのかす。

よくもまぁそれほど狡猾に出来るものだ、自分の中に住んでいるもう一人の自分とは思えないと言うほどそそのかしてくるのです。 (漫画でも主人公のが持つ闇の人格の方が強かったりする)

 

まんまと騙された僕らは勝手にそう信じ込んで、パワハラしてくる上司から罵倒を浴びて萎縮したり怒りを感じたりするためにミスを犯すんです。

 

本来僕らは、もっとできることが多いんですよ。

 

じゃなきゃ石と棒を使ってマンモス倒してた猿どもと今日の科学技術を謳歌する僕らが一緒な訳がないじゃないですか。(ご先祖様をそんな呼び方するんじゃあない)

 

本来できるから現代があるんですよ。

 

だから、騙しにかかっているマゾ野郎をしっかり監視して、 ちゃんと言い聞かせてやる必要がある。

 

「僕はもっとできる。 マゾ野郎に騙されるな。 こいつは僕らが紐に縛られてもがき苦しんでくれないと困るんだよ。 でもコイツのやり口にはもう乗らない。 僕はもっと工夫して苦しむ必要がない手を打つことができるし、今までの息苦しい考え方を手放せば、求める手段は与えられる。 かかってこいよ。 ずっと監視してるからな」

 

 

【不定期連載】「魔法の言葉・天国言葉」5日目 【ultra soul】

なんでこんなタイトルにしたんだろう。 

毎日ログ形式で更新するようなタイトル付けたからといって、言いたいことなんてそうホイホイ湧いてくるもんでもないのになぁ。

 

クリスマスから正月にかけては閃きの嵐で、「勉強すれば人生変わる」を読んで試した経験から得たフィーリングをより明確なことにできたおかげか、体の中からホイホイと言葉が浮かんで来ては次の言葉に繋がるというかなり楽しいことが起きていたのですが。

 

あまり書くことないし、なんかブログ以外でやってる勉強のことを集中して考えたいとかで、以後はなんか書きたいことあったら書くという感じで行こうと思います。

 

書くためにやるなんて本末転倒だし。

 

折角なので、まとまった文章書ける自信ありませんが、今日は僕なりの「感謝の言葉」の応用例みたいなものを書いてみようかと思いまっする。

 

自戒を込めて「感謝の言葉」

「勉強すれば人生変わる」や「ニューアース」に限らず、 この世の数多の人々が行なっている自己啓発活動で言っていることは深かれ浅かれ根本は古今東西、過去未来に普遍的に伝えられて来た教えを別の表現に言い換えているだけだと今は思うので、 みんなスタイルは違えど通過点は同じもんなんじゃないでしょうか。

 

 そうやって各々のやり方で長年の疑問に対する答えを掴み、「人生が変わった!!」といざ喜んでみても、次はひたすら問題演習、向かってくる大小様々な敵を手に入れた武器で敵を切り続ける日々が続くことになります。

 

 僕の場合、自分の精神構造に対する理解とそれに対する対処法である「認識」が武器になったのですが、 ひたすら「認識」し続けるしかないのか・・・と、これからの未来に疲労感を感じてしまいました。 その疲労感を感じているのは、他ならぬ「認識」に苦しめられているエゴとペインボディに他ならないのですが。

 

 ここで武器を捨てても、また以前の盲状態に逆戻るだけあり、しかしそれではまた苦しむことになるのでやっぱり手にした武器を捨てざるを得ないということになる。

 

それでは自己啓発で得た知恵を手放せないという「恐怖・不足感・恐れ」、「エゴの執着」に繋がってしまうという、 何とも皮肉な結果になってしまう訳です。

 

 じゃあ何が問題かっていうと、 恐らく自分のエネルギー性、無限性

鋼の錬金術師風に言えば1は全・全は1

僕のヒーローアカデミア風に言えばONE FOR ALL・ALL FOR ONE(これは違うか)

STAR WARSならフォース

 

を感じることができていないからだとは思うのですが、修行不足なんでしょうが、なかなかいつも出来ることじゃない。 

 

そこで感謝の言葉です。

 

ウルトラソウル!!!!!!!! ハァイ!!

 

やっぱり、 言葉というのはそれなりに自分の中の情熱やイマジネーションを喚起する力があるのか、

 

「しかし、俺はよくここまで成長したものだ。 この問題を乗り越えることができたんだから。 スゲェじゃん。 でも俺がすごいんじゃない。 周りの人もそうだし、俺に本来的に内在してる無限の力、そうultra soulが俺に力を貸してくれたんだ。ARIGATOARIGATO。 そうだ。そうなんだ。 ウルトラソウルだ・・・ウルトラソウルなんだ。  ウルトラソウル!!!  ハァイ!!

 

とかって感じで、今持っている知恵や物、自分に対する感謝、世界の無限性に対する感謝を行うと、 オラァ!! と元気が湧いて来ます。   これが言葉の力・感謝の力というものなんじゃないでしょうか。

 

まとめ

 

というわけで、一度得た悟りのようなものも、 それに感謝し、折に触れて骨に言い聞かせる必要があると思うし、 それを支えるのが感謝の言葉でもあるのではないでしょうか。

 

 

B'z The Best XXV 1999-2012(通常盤)

B'z The Best XXV 1999-2012(通常盤)

 

 



 

 

 

 

 

 

 



 

 

 

「魔法の言葉 天国言葉」を実践 4日目 【歯磨き】

f:id:pencilpencil:20170117095901p:image

 

ふいー。

今日もバイト終わったぜ。

 

まぁ、あれです。

接客って難しいぜ。 

 

それは、置いておいて。

フレージングメソッド(勝手に命名)実践4日目です。

 

別になんというわけでもなく、いつもの日常。 ケの時間。 

穏やかに過ごせているのではないでしょうか。

 ハレとケをお互い行ったり来たりしながら、僕たちの生活はなんとかバランスを保てているわけで、いざって時のハレを喜べるためにも、このフツーの日常も「有難きことかな」ってことなんじゃない?

 

 んで、もうじき僕歯医者に行く必要があるのですが、別に虫歯ってわけでもないんです。

 

 一応健康診断の一環として定期検診を受けているんです。

歯科医の金儲けに乗っかってあげてるんです(嘘です)

 

真面目に答えると、オッチャンになった時に検診を受ける習慣が一つもないと、気がついたら『癌です。ステージⅣです。残念ながら』とかってことになりそうなので、歯科医ぐらいは今のうちに受けとこうじゃねーかということなんです。

 

そもそもなんでそんな流れになったかっていうと、僕の歯があまりにも汚すぎたからなんです。

 

 もっと以前にマントラの如く感謝の言葉を言いまくる事をやっている時に、 「もの食べられるのも歯のおかげなんじゃね?  変な向きに親知らず生えてるから見てもらおうかな」って思考が頭に浮かんで、せっかくだし歯科に行こう!となったのです。 

早速昔からお世話になっている歯科医に電話して予約し、見てもらったんですが「んー、これくらい大丈夫」と言われただけで、なんの収穫もなく帰ったのでした。

 

 ただ、なんか引っかかる事があって「もう一度見てもらいたい」という考えが頭をもたげたのでした。

 本当に大丈夫かよと。 なんか妙な後ろ暗さを感じ取ったのでした。

 

  それからネットで調べて別の歯科医を探し、行ったことのないクリニックの予約を取り、いざ診てもらうと、

 

「レントゲンからは測りかねますが、コレを見ると親知らずの根が顎の神経や太い血管に触れるかもしれませんね」

 

僕「マジですか」

 

 

「歯石が溜まって歯茎が炎症を起こしています。取りますね〜。歯磨くと血が出るでしょう?」

 

僕「確かに」

 

「それと虫歯も見つけましたので削りまーす」 

 

僕「お願いしまーーす」

 

と随分いろんな事を教えてくれ、色々改造手術を行ってくれたのでした。

 

 そして前の歯科医にはそんなこと言われなかったと伝えると、「最低限の処置を行うクリニックや、診てから完全に健康な状態にするまで通ってもらうクリニックなど色々ありますので(そこにいい悪いは無いのですというニュアンスと僕は取った)」とのこと。 

 

 そうなんですか〜と、溜まりに溜まった歯石をごっそりとっていただき(汚い話で申し訳ない)、スッキリしたところで、「まだ残っている歯石がありますので、あと何回か通っていただきます」というアドバイスのもと一年通い続け、歯茎もすっかりハリのある健康ピンクに戻り、白い歯輝かせて今に至るのです。 うーむ。

 

 で、すっかり歯科医のお姉さんと顔なじみになり、話をしたりするのですが

 

 歯科医「いやー、本当にアレから歯をしっかり磨いていらっしゃるみたいで綺麗ですよ。こうやって伝えても歯磨きの習慣変えられる人中々いないんですよー」

 

僕「ありがとうございます!(えっへん😤💨)」

 

歯科医「最初見た時本当に汚かったんですよ☺️ 写真撮りたいくらいでしたー笑笑 」

 

僕「.............」

 

と、アゲて落とされた訳なんですが、それは今は綺麗ですよーと言っているんじゃんそれで良いじゃんと涙を堪えたのでした。

お姉さんあんなに笑顔で歯石取ってくれたじゃないか! 

 

 なんで僕がそんなにお姉さんに褒められる程歯が綺麗になったかというと、何より「感謝の言葉」効いたのでは。

 

 当時の僕は歯の健康状態の悪さを全く自覚しておらず、言われて初めて気が付いて

「うそ〜ん!?まじでぇ?」

と素直に反省し、お姉さんにブラッシングの極意を伝授してもらい、

「いやー今までスマンな俺の歯よ。これで許してくれ。」

と一年間歯磨きを徹底的に行い、お姉さん(何回言うんだお前は)に褒められて、頭を撫でられご褒美セッ....嘘です、

 

お墨付きをもらったのでした!

 

 と言うわけで、望む方向に意識を向けて感謝をすると現実に反映されることもあるというわけですが、 この頃は悟り系やニューアースなんて読んでなかった。

つまり「引き寄せ」的考え方しか持ちあわせておらず、その一環で望む方向に意識を向けることは意識していたので、これくらいでも習慣を変えて体の健康を実現するくらいはできるというわけ。

 

恐らくは「引き寄せの法則」とは習慣を変える効果があるのものなんですな。

 

お金を稼ぐ人は習慣的に稼いじゃうとかいうじゃないですか。

 

僕の場合、意識のベクトルを変えたことが歯磨きの習慣を身につける事に繋がり、結果虫歯や口臭、歯茎の出血に悩まされることはなくなったわけですし。

 

それ位かよーと言う方もいるかと思いますが、その程度の些細なことで現実は構成されているじゃないですか。

まずはデカイことよりも、そんな身近な些細なことから正当に評価してみては?

 

 というわけで、身体は資本と言いますし、皆さんも歯科医ぐらいは逝ってみようぜ。

 

まとめ

歯は大事だぞ! 

みんなも診てもらおうぜ!

 

 

「魔法の言葉・天国言葉」実践 3日目 【咀嚼】

昨日は、あまり真剣にやっていませんでしたねぇ。

 

というのも、物欲の原因に「頭の回転」、恐らく「前頭葉の働き」が大いにあることに気がついたので睡眠をたっぷり取る様にしたら、いくらかマシになってしまって、自分の中で完結してしまった節があります。

 

  もちろん、思い出す様にして身の回りの感謝できること・評価できることに意識は向けているのですが。

 

ただ、この活動の一環として、食事の際には「よく咀嚼する」ことをもっと意識してますかね。

 

 「ザ・シークレット」に、

「よく味わい、 感謝すると食事と完全に調和し、健康的な体になれる」

と書いてある様に、 よく噛んだ方が消化しやすいし味も出るし、 おばあちゃんのいう様に少ない量で満足できるので、僕の一応の目的「足るを知る」にピッタリな気がしています。

 

  というわけで、最近の食事は、噛み応えのある「ご飯」ばっかり食べているし、パンとかデザートとかは瞬間風速が凄いだけですぐ唾液でシナシナになりやがるので食べてて楽しくないのかもです。

 

勿論大好きなのでこれらに対する一定の欲求はありますが。

 

 僕自身も基本的に口の卑しい奴で、飢餓感のままに「メシ! 菓子! ジュース! 食えらぁ!!」とか自覚なしにやっているうちに、5キロ太っちゃったり、大いに失敗もあったわけなんですけども、「今に在る」とかいう感覚を掴むと「別に食わなくても俺は満ち足りてるじゃねーか」と気が付いて、性欲と同様に食欲の方もいくらかマシになり、食事も今に始まった事ではないですが

  1. ご飯
  2. 味噌汁
  3. 白湯・コーヒー
  4. 湯豆腐

で良いやとなってきます。(コーヒーも依存度を減らしてみたいけど、無理はしない)

⬅︎(追記2017年2月15日 コーヒー断ちも成功しました。 刺激物に敏感なのか夜眠れなかったり、昼下がりに恍惚状態になったりと弊害がありましたのね。 断ちました。まぁそんな難しいことじゃないけど、数日間倦怠感に襲われました・・・)

 

 

疲労感がたまっているとまだ制御が利かなかったりするのですが。

 

  ある程度、こういう「天国言葉・魔法の言葉・感謝の言葉」を言葉にして言いまくった方は、根っこを抜き出して意識を向けるだけにしてみるとより柔軟に応用できると思います。 てか、このメソッド自体多分「素振り」みたいなもので型を身につけるためのものであって、タイミングが来れば守・破・離の破・離を行なっても構わないのでは。

 

 だってある程度やってくると「本当にこんなにいう必要ある? 」という疑問が湧いてくるし、言葉にするより意識を向ける方が瞬発力があって融通も利きますし (あくまで僕の持論) 

 

 とまぁ、偉そうに戯言抜かしてきましたが、 言わなきゃいけないことひとつ。

 

僕半分親のスネかじって生きているので、 なおさら味わって食べないとな。

あばよ!!(感謝)

 

 

 2日目→「魔法の言葉。天国言葉」を実践 2日目 - Pencil ✒︎ Pencil

 

 

 

【ネタバレあり〼】STARWARS STORY ローグワン 観にいってきた

 

 

ちょっと前、「STARWARS フォースの覚醒」にハマってしまい、 ニューアース云々関係なく「May The Force Be With You!!  うぉぉぉおおおおおおおおおお!!」と大興奮のまま旧三部作を見たのですが、 続いて観た新三部作が思いの外冗長で拍子抜けていまいました。

 

とまぁしばらく、「テー↓テー↑テテテテー↑ テーテテテテー↑ テテテテー↓」と口ずさみ、尚且つディズニーの戦略通りに新規ファンとしてローグワン観に映画館へ洒落込んできてしまいましたぜ

 

いやぁローグワン良いっすわぁ(観たの一週間前くらいなんだけどね)

 

今見ると見劣りしてしまい、僕のような新規ファンに勧めずらい旧三部作への導線としてはとても素晴らしい映画だと思います(新規ファンのお前がいうか)

 

往年のファンにとっても、 好みは分かれるかもしれませんが、後付けであっても見事に旧三部作をより重厚なものすることを成功させたこの映画は評価できるものなのでは。

 

 これはあれですよね。 後から後から旧三部作を補填していって価値を高めていく戦略ですよね。

 

ディズニーの野郎どもSTARWARS で1000年稼ぐ気なんじゃ?

マーベルコミックまで持ってるんだから恐ろしいですわ本当に。 

 

それに加えてピクサーでしょ。 ハワワワワワ。

 

ネタバレ無しの感想

前半はちょっとダレる

後半は熱い暑い厚すぎる

 

以下ネタバレ

余計なスピリチュアリズム考察は無し。 野暮だから。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

チアルートカックィィ!

何よりカッケェのがチアルートですよ。 あれは正にフォースの神秘や。

盲目の蒼い瞳と丹精で鮮烈なオーラを放つジェダイ教?の僧

なんか一見怪しいスピリチュアリストで、ジン一向に「妙な奴に絡むな」言われてしまう。

関係ないけど、俺がこのブログで語ってる話もフツーはこう言われて片付けられる事だから、そういう客観性は心に留めておきたいね。 

 

しかし、この僧が滅法強い!!という熱い展開ぃぃい!! うぉぉぉおおおおおおおおおお

 

なんか弓みたいな奴でレーザー放って、tieファイター撃ち落としたのは痺れたぜ!! クゥゥ!!(射精)

 

棒さばきも百戦錬磨の洗練さ!!

それで俺を殴ってくれチアルート!!!

なんか体に良さそうな名前だなチアルート!!!

芽が出そうだ!!

f:id:pencilpencil:20170115195331j:image

それはチアシード

 

血のバケツリレー

希望を信じ、確証のないスパイ作戦に賛同する反乱軍と共に、決死の覚悟で遂にデススターの設計図を入手したジン

 

しかし、それを惑星軌道上で熱い空中戦を繰り広げる仲間に送る手がない。

辛うじて見出した手段はあまりにか細い可能性

 

一人一人が命を賭けに出して全て成功してやっと繋がるかどうかの低い可能性

 

もうね、 グッと来た。 

 

それぞれ賭けるんよ。 命を。

 

「フォースはないかもしれねぇ。 でもあるなら助けてくれ!」と走り出していく泥に汚れたおっさんたちが悶えるほどカッコイイ。

それにフォースが答えたのかわからないけど、 繋がるわけですよ。

 

希望にぃ!!

 

そして役目を果たし倒れていったチーム「ローグワン」は、皮肉にもデススターに葬り去られてしまう。。。

 

 

ああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ

 

STAR WARS Episode Ⅳ  A NEW HOPE

 

f:id:pencilpencil:20170115201255j:image

 スター・ウォーズの鉄人!/スクリプトより

 

場面は変わり、 なんだか見覚えのある船内

 

転送されてきた切り札を手に反乱軍達は焦っていた

 

扉が開かないのだ

 

腕1つ通るかどうかの隙間はあるにはあるのだが

 

 

しかしそこで一同に緊張が走り、 暗闇に銃を構える

 

 

 

 

 

 

 

ビシュウ”ウ”ウ”ウ”ウ”ウ”ウ”ウ”ウ”ウ”ブオ”オオオオオオオオオオオン

 

本当に怖かった。 

ダースベーダーさんの無駄のないライトセーバー裁き

無駄なく確実に迷いもなく全く洗練された動きで反乱軍はシバき殺し仕留めまくるあのシーンは本当に怖かった

 

フォースの存在がわからない反乱軍の惨状をみて、僕は有名な都市伝説フィラデルフィア実験の惨劇はこんな感じだったんだろうと思った。。。

 

 このシーンだけでこの映画を見る価値がアリ

 

 

それでも辛うじて殺されながらも希望は仲間に渡り、 あの方の手に渡るんですな;;r.i.p

 

まとめ

 

前半は少し退屈

後半は熱すぎて暑すぎて厚すぎる

 

 PS

今気がついたこと。

チアシードに水を含ませると、ゼリー状になってタネを包むけど、これって宇宙に浮く星のよう。

 

このゼリーがまるで、銀河、あらゆるものすべてをまとめ上げているフォースの様に見えるの偶然なのだろうか?

f:id:pencilpencil:20170115214615j:image

 

 

 

「魔法の言葉。天国言葉」を実践 2日目

というわけで2日目

 

別に書くほどのこともそうないんですけど、とりあえず今持って愛用しているiPhoneiPad等には

 

「かわええのぉ・・・♡」

「ええのぉ・・ええのぉ・・・♡」

「ギギギ・・・(物欲がわく) ・・ええのぉ♡」

「ええやろ?買ってもええやろ?(物欲) ええんか。 スマンな。 でも買わない(悟り)」

 

といった感じで余計なこと考えず、愛でる。

 

そんなことやってると、 

 

「別に今持っているものでも困ってないし、 MacBookでできないことをiPadProではできるから別に良いよな」

「結局はオツムが弱けりゃ猫に小判だし」

「外持っていかないのにMacBook買ってもシャァないし」

 

という感じで幾分マシになってきました。

 

睡眠不足は大敵

あと気がついたことなのですが、 物欲で死にかけた一昨日。

僕は睡眠不足で頭が回っていませんでした。

睡眠不足だとちょっと、虚しくなってつい飢餓感が湧いてきてしまうようです。

甘いもの余計に食べてしまったり。

それは僕の鍛錬が足りないからなのでしょうが、 一応、一昨日は日頃の蓄積(瞑想)が効いたのかすんでのところでMacBookを買うという物欲に堪えることができました。

MacBook購入ページまで進んでいました・・・)

 

苦しさもまたチャンスなのかもしれないぜ

本当に死ぬほど欲しくて、 飢餓感で我を忘れかけて悶えている中でも「気づき」を何とか差し込むと、次第に収まってくるのを感じました。 そして、 なんか知らないけど『文章にしてやるぜ!!!』という衝動が湧いて一昨日はブログを一本書き、その勢いで現代文も一問解いてしまいました。

 

 

 コレは倫理で習った『昇華』というものだと思ったのですが、 今までよくに任せて生きてきた僕には割と新鮮な感触で、 気分は虚に堕ちかけながら、ギリギリのところで虚化を習得した黒崎一護ですわ。 

 

あとどうでも良いけど、虚化した一護のデザインって厨二心揺さぶられて好きです。 

 

一昨日の→物欲で死にそうなので「天国言葉」やってみる - Pencil ✒︎ Pencil

 

 

 3日目→「魔法の言葉・天国言葉」実践 3日目 【咀嚼】 - Pencil ✒︎ Pencil

「基礎が大切」の意味が少しわかった

センター試験初日お疲れ様! 2日目もその調子や!

受験をドロップアウトしたお前が言うか。

 

以下は受験生は読んじゃダメだぞ。 落ち込むから。

 

 

 

最近アルバイトが終わったら空いた時間で昔学校で配られた数学の教科書とか読み直したり、コレは今に限ったことではないですが受験科目ではなかった「現代文」をやってみたりしています。

f:id:pencilpencil:20170114175802j:image

 

というのも、 「基礎って大事だよな。」 って思いまして。

 

死ぬほど耳にしては、「はいはいわかってるし基礎やったから大丈夫」と答えてきた僕ですが、だったらとっくに僕は横浜国立大学に受かってるはずなんですけどねぇF○CK

 

 「自分は基礎なんかわかってる」と思うんですよ。 でも受からなかったん。

 

で、それは「基礎がわかってないからだ」って言われるんですよ。

 

「いや、基本的な問題は解いたし、繰り返したぞビチ○ソ」と僕が答えると

「いや、それじゃ足りない」と先生は言う。

 

「俺偏差値65取ったぞ。 基礎できてるやろ」というと

「東大生はもっと取れるぞ」と先生は言う。

 

そんなこんなで多浪を重ねて、しまいには嫌気がさしてバイトを始め、尚且つ自己啓発書に手を出してしまった僕なんですが、そんな僕がいま教科書を読んでいるんですよ。

 

というのも、 「基本って大事だよな」と思ったからです。

 

 

点が繋がる

 

この2年真面目にやっていることといえばアルバイトと、自己啓発系サイトを乱読すること、未練がましく問題集をチロチロと解くこと、apple製品買いまくる事くらいで、基本ブレブレだったわけなんですが、今振り返るとなんやかんやいって結構苦しくも楽しい2年だったんですよ。

 

「負け組の遠吠えだろ」とかいう声が飛んできそうだし実際そうなのかもしれないですが、 それくらい僕には人生観がガラリと変わった二年間、霧が晴れた2年なんですわ。

僕に必要だった二年間だったなと、今なら「点を繋げる」ことができる。

 

 何より何度も言うように「勉強すれば人生変わる」というサイトを自由に読み漁ることができたことが一番でかい。 (ホントそればっか)

 

これから読むという方はここに書かれてることはあまりにも膨大ですし、どれが自分に合うかなんて人それぞれで正解なんてないので、鵜呑みにはせず自分の感性を信じて試行錯誤してほしい。

 

繰り返せ

 

僕にとってコレだ!と言えるのが「ニューアース解説記事」で、ここに書かれている事は何度も読み直して、試して、また読み直して、そして今も試している。

 

 それから実際に「ニューアース」を購入したのですが、普通に言っていることが理解できるんですよ。  一般的に難解だと言われているらしいのですが、 僕は最初読んだ時は全く突っ掛かることもなく「うわぁ!!! すっげぇ濃くていい本だなこれ!」と感動するくらいスラスラ吸収できました。 勿論それは六郎さんの国語力のおかげなのですが。

 

 そうしてさらに読み直し、また思考錯誤しを繰り返していると、閃きが増えてきました。 新しいアイデアが生まれ、さらに理解が深まり、全体を体系化できるようになる事で、さらにできる事やわかる事が増える、感じる。

 

 

 何が原因かって、「登場する基本概念を何度も読み直した」から。 そして、試しに現実に当てはめてみるという演習をこなしたからでしょう。 そしてまだ足りないと思うのでこれからも「ニューアース」を読むでしょう。

 

これ、僕が受験生だった時に読んでた「東大受験記 / 勉強法」のページに死ぬほど書かれてることなんですよねーー(白目)  「脳内で爆発が起きて世界史を体系的に理解できるようになった」ってこういうことなのか。。。

 

まさかこんな耳にタコなフレーズが自分から湧いてくることになろうとは・・・ いやはや。

 

「うおーー!!オレってすげーー!!」

今ならわかる。 基礎の大切さ。

基礎が出来上がると勉強って楽しくなる。 わかるって気持ちいいんですなぁ

 

もしも、入試に「ニューアース」という試験科目があったら、僕は偏差値70を取れるかもしれない。

それどころか東大にも受かるかもしれない。  

 

 というわけで、もう一度とやり直したくなってきているわけです。 入試科目を。

 

自立

 

 それに、僕は「勉強すれば人生変わる」からできる限り自立したい。  

 なんというか、 大好きなサイトなんですけども、 自己啓発という性質上、最後は自立するためのサイトだし。

なので、自分で本を理解できる読解力を持ちたいのでやったこと無い現代文やってるし、数理処理能力高めたいので宇宙語である数学もやっている。 

 

 なにより「理解の爆発」を数学や現代文でも味わってみたい。