読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Pencil ✒︎ Pencil

買ったもの、考えたこと、勉強のこととか。

「魔法の言葉・天国言葉」実践1日目

 

 

はい。 というわけで、物欲に困り果てた昨日の僕に続き、今日も「魔法の言葉・天国言葉」を実践していきます。

 

てかなんやねん天国言葉って。 極楽湯か。

 

「ツイてる」「アリガトウ」「スバラシイ」っていちいち言うのは以前やったことがあり、その経験を経て確かに、精神的にマシになるというか、自身の言動が「感謝」の意味合いを含んだ型に変わるので、それのお陰か自他の物腰が柔らかくなるように感じました。

 

それがキッカケになって、人間関係が良くなり、金が巡ってくる位の効果はあるっちゃ、あったと思うのですが、 結局過去の自分が作り上げた自己像・エゴに囚われた状態で言っても何だか空回りしているような空虚さを感じてしまい、僕は一度辞めた経験があります。

 

それから今まで得たあくまで現時点での僕が「グレートだ!」と思った習慣はエゴを溶かすニューアース的「気付き」と「瞑想」だったのですが、今回はそこで得られたノウハウを絡ませて「天国言葉」の本質に迫りたいという意図っす。

 

「有難い」ことに「今に在りながら」認識を向けるということがキモかもしれない

魔法の言葉は本当かインチキか検証

 

感謝の言葉の使い分け方に一定のルールがあっても良いと思いますが、そういう型は以前やって身についているので今回はフリースタイル

つまり

自分の言葉を使います。 

「感謝します」とか「恵まれている」とか頻繁に使いますか? 僕は使いませんのでしっくりくる以下の言葉を使いたい。

 

  • Wow!!
  • greatだぜ!!
  • いいね
  • うぉぉぉぉぉぉおおおお!!
  • スゴくね?
  • Etc...

 

あくまで僕が僕らしいと思う言葉です。

こういう感嘆符や砕けた言葉を使った方が僕にとっては居心地がいいので、こういう言葉を使いたいと思います。

 

もっとティーンの方もやるんだったら、「それな(なにがやねん)」とかでも良いし、僕流は意識を今に置いて感謝事項に意識を向けることだと思うので、まぁなんでも良いとする。

 

 

効果は

昨日今日で始めたばかりなのでなんとも言えません。

そもそも、こいつの方法論は「悟り系」の知識を咀嚼してなんか思いついたものですし、それがたまたま「フレージングメソッド系(今命名した)」に僕の中で繋がったからやりたくなったのです。

 

望む効果はただ余計なこと考えずにいたい。

 

さぁどうなることやら。

 

 

2日目へ→「魔法の言葉。天国言葉」を実践 2日目 - Pencil ✒︎ Pencil

物欲で死にそうなので「天国言葉」やってみる

 瞳閉じて床にぺたんと座りながら胸に手を当てて「私幸せ」って言っている人は読むべきじゃない記事

 

 

日頃、「悟り」だとか「フォース」だとかほざいてますが、僕にもまだ克服しきれていない問題が幾つもあります。

 

そのうちの1つが「物欲」

 

僕は幼い頃から人一倍所有欲が強く、スーパーに行けば食玩をねだってピーピー泣いたものでした。

 

 親のせいにするのも違うとは思うのですが、 僕の母自身そんな喚き散らす僕に最終的には物を与えてしまってきた過去があり、思春期には劣等感が強くなったことで、より物や称号に目を光らせるようになってしまったのでした。

 

 本来的に僕はそういう傾向の持ち主なんでしょう。 これを解決できるのは僕だけですからね。 人のせいにしてもしょうがないわな。

 

  母も、仕事で忙しく疲れた身で子供を外に連れ出す必要があったわけで、やはり与えて黙らせる手を選びがちになってしまったのだと思います。  病気がちの体でよぉあそこまで連れ回したと思いますよ。ほんと。

 

 ともかく僕は自分に全く自信が持てなく、ゲームやら映画やら、漫画に逃げ、それに飽きれば学歴に目をギラつかせ、 全てがうまく行かなくて結局僕は自己啓発に走ったのです。

 

 んなことはどうでもよくて、 ともかく今僕は何が欲しくて悶えているのか。

欲しいものを列挙するとこんな感じ

 

  1. MacBook 税込140000円
  2. AirPods 税込18440円

 

僕は音楽プレーヤーにiPodを選んでからずっとApple製品で統一してきたのですが、 いかんせんブランド品なので馬鹿高い

 

 使いやすいからという大義名分で買ってきましたが、 幾ら何でもどうなんだろう?という。

 

今持っている・過去に買ったApple製品は

 

で、これらの総額は、売って得た金額を引いても50万円近いんじゃないでしょうか。 

 

飢餓感に委ねるまま買ったり売ったりしてました

 

最近は、メンタル鍛えたのでその金を本に回していたりしているのですが、たまに禁断症状が湧いてきます。

そこらへんは「気付き」で対処するのですが、 そもそもなんで禁断症状が湧くのか。

 

それは今持っているものを大切に使いきれていないからでしょう

 

今持っているものでも、別に問題はないんですよ。

ただ「もっと使い心地がいいものを」と言って足るを知らずにホイホイ買ってるわけです。  

 

 物欲が湧くと他のことが手につかないんですよ。

何よりこれがヤダ。 

 

 なので、ちょっと「ニューアース」実践で培ったスキルを踏まえて「天国言葉」を実践して、いくらかマシになるか試そうと思うので、 結果が出たらまたなんか書いてみようと思うぜ。

 

よく言われる「天国言葉」とは

感謝の言葉を口にすることで、「幸福(笑)」を現実にもたらそうというメソッド。

主に「アリガトウ」「カンシャシマス」「スバラシイ」「ワタシハメグマレテイル」

TINTIN

 

 

 

 

 

 

f:id:pencilpencil:20170113175056j:image

小学生の頃よく読んだ大好きな作品のことです

 

どのような効果が見込まれるのか!?(迫真)

 

なんかいいことが起きる

f:id:pencilpencil:20170113175326j:image

 

 

 

 

僕自身の狙いは「足るを知る」ためです

 

 

 天国言葉を実践する上で心がけたい項目は以下の通り

  • 感謝ッ! 圧倒的感謝っ!!!
  • 理想は言葉でいちいち発話せず、「有り難さを認識すること」
  • 「気付き」と「瞑想」は日頃行い、衝動的物欲が湧いても「フォース」を感じられるようにすること
  • 日頃、頭を使うこと(勉強して考えることが僕自身一番エネルギッシュになれる活動だからね)

 

 

 

 

自慰とニューアース

 野郎のエロ談義に耳を傾けたくない方は去るが良い

 

 

 

 

 

_______________

 

ニューアースを最近読む日々を通して、 日常で自分が何と同一化し、手放すまいとしようとしているのかを分析を続けた結果、 よりプレーンな自分、剥いちゃった甘栗を見つけらるようになってきました。

 

自分で作り上げたRPGをぶち壊しまくるという作業をしていると、 あれにもこれにも認識という聖剣をぶっさすようになり、 それはそれで気がつくことが増えるという愉快な作業ではあるのですが、

 

行かんせん自分で作り上げたキャラクター、自分だと思っていたアバターが流血しまくり苦しみ悶えて行き場を探しまくるので、平素からやりすぎると疲れます。 (僕のやり方が下手なのか?)  正直何が正しくて何がエゴなのか少しわからなくなってきている自分がいます。

 

この記事も、少し「吐き出してぇーーーーーーーー!!(後藤正文風)」というフラストレーション混じりの欲求の元に書いています

 

 多分、これはまだ認識の塩梅が分かっていないがために、力が入りすぎてしまっているだけで、次第にこなれてくるのでしょうが、 それなりに気がついたこともあります。

 

  • 性欲をより上手くいなせるようになった

 

 以前「例のサイト」に効果を投稿した時、エロへの衝動が薄れたと書きました。

 

 中学生〜19歳にかけてのオナ猿状態の時は毎日オ◯ニー!!YES!WE CAN!!ってほどだったのですが、今は4日に一度程にまで、調子良ければ一週間に一度位にまでペースが落ちました。 (そういや性欲のピークは19歳なのだそうですね)

 

あんなにそんなの無理だ無理だと思っていたのに、やっぱり望みを抱えて学べば思いがけに与えられるのですかねぇ。 

 

 僕が自慰をするのは今思うと、「フラストレーション、諦めによる行き場を失ったエネルギーを吐くため」だったのかなと。 自慰大好きな癖に人前では「全くエロに興味ないです」という態度をとっているのも、そういう屈折したペインボディが形成されていたからなのかもしれません。 そういう僕のようなヒネた女性恐怖症気味の根暗が世の中に多いのも、エロにはいくらかペインボディ・SW的に言うとシスとの親和性が強いからなのではないかなと。

 

 エロサイトなんてどうやって広告で騙してやろうという魂胆が見え隠れしたり、「締まり良すぎてヤバすぎワロタwwwwwwwwwwwww」とか、「美尻100連弾」とかなんだか全くカオスな状況で、 そういうところに吸い寄せられると言うのは、少なからずライトサイドじゃない要素がある気がするのです。  

 

 ムシャクシャすると無性にムラムラして来ないかどうかは、エロとペインボディが共存関係化になっていないかの1つの判断材料になると思います。 ムシャクシャするってのはまぁライトサイド側ではないはずですし。

 

ムシャクシャ(ペインボディが動き出す)→ムラムラ→「ンホォォォォォォォォ♡♡」→「はぁ・・・」という形で、ペインボディと制欲の生態系が完成することで、収まらぬ性衝動を抱え込むことになるのです。

 

 なので、自分の中のペインボディに認識の光を当て、また自分の中のフォースを感じるか試す習慣を増やしていくと、 エロへの衝動がいくらかマシになると感じます。    これはニューアース曰く認識によって、エロとペインボディの共依存が弱くなるからなのでしょう。 

 

  実際僕はついさっき、「流石に抜かないとEDになるかもしれんなー」というエゴの声に誘われ、エロサイトに行って画面を覗くと、まず第一に浮かんでくる言葉が「何やってんだこいつら」というもので、 それでも全く不能というわけではないので一応勃起はします。 

 

 

 抜いても「ンホォォォォォォォォッッッッッ♡」という野生100%にはならず、「性欲がうっとおしいからさっさと抜くぜオッス」という野生30パーセント程には位が落ちます。

 

 また、制欲を抑える事ができると、股間のフォースを他の健全な活動に流すような感覚をつかむ事ができるのでしょう。  僕自身まだ微弱な感覚ではあるのですが。

 

ともかく、ペインボディとエロの複合型エゴに幾らかとらわれなくなると、女の人をただの性対象としてみなくなり、女の人に対する屈折した感情も薄れます。 そうなると、おそらく女性と、一人の人間として対等に向き合えるようになり、それがキッカケでスムーズに交際できるようになってくるのでしょう。

 

 

広告を非表示にする

200000000キロ彼方からコンバンハ

地球と月、火星からだとこう見える NASA探査機撮影:朝日新聞デジタル

 

面白い記事を見つけたのでここで紹介

 

f:id:pencilpencil:20170107210946j:image

 

この写真なんでしょう

 

これ2016年11月20日に、地球と火星が2億キロ程まで接近した時、火星探査機が火星から撮影した地球と月の写真なんですって!

 

地球は少々欠け気味ですな

 

中央の赤味がかった部位がオーストラリア大陸

左上が東南アジア一体なんだそうな

 

ってことは、オーストラリア大陸上部の暗闇の中に日本があるということなのか。

 

日本時間は何時ぐらいなんでしょうかね〜

 

この地球に僕も貴方も居るってのも不思議なもんだ(貴方が宇宙人か宇宙飛行士でない限り)

 

この日僕は、この地球で何を考えていたのでしょうか。

 

ここで当時の僕のEvernoteを開いてみましょう

 

ジョニーアイブ風に実在の動物を語る動画

 

何考えてんだ俺は、、、

【年の瀬】大晦日を高尾山で (前編)

f:id:pencilpencil:20170106220555j:image

改めてあけましておめでとうございます

 

乾燥で人差し指の先がひび割れてしまい、タイピングすると痛くて仕方がないです。

 

東京では大晦日から元旦までそこら中でイベントが開かれていて、人に囲まれながら2016年の最後を括った方もいれば、家でゆっくりと過ごしてさっさと寝てしまった方もいるでしょう

 

そんな感じで皆さんも思い思いの形で過ごしていたのではないのでしょうか

 

僕はというと、基本お祭り好きなので家でじっと新年を迎えるよりは何かして迎えたい人間で、その割には一人で一年を振り返りたいと思う人間なので、 結局今年もちょっとした旅に出てきました

 

旅っつっても12時間ほどですけども

 

というわけで昨年の筑波山に続き、今年は思いつき同然で高尾山へ登ってきました

 

大晦日に沸き、紅白歌合戦の広告だらけの新宿を尻目に、京王線に乗って高尾山口駅

f:id:pencilpencil:20170104132135j:image

着いたのは17時半頃でしょうか。 

僕は氷点下の中人混みに揉まれてまで初日の出なんか見たかなかったので、さっさと行ってさっさと帰るつもりでした。

それどころか1月1日0:00時になる前には帰るつもりでした。 

だって極力翌日に疲れ残したくないじゃないですか。 

 

  • 誘われるように温泉へ・・・・

しかし、寒い

駅を出ると予想以上に寒い

東京からちょっと離れるとこれです。 寒過ぎるのでなんか温かいもの食べたいなぁとか考えながら立っていると

「おっ」

f:id:pencilpencil:20170104134823j:imagef:id:pencilpencil:20170104135503j:image

お! 良いのあるじゃない

「ンッフフ温泉は大好きかい?」

「うん、大好きSA!」

山登りの前には身を清めなくちゃな

以前蔵王に行ってからは、山に登る前に温泉に入らないと物足りなく感じてしまうんじゃ

 

  • 京王高尾山温泉

f:id:pencilpencil:20170104132800j:image

早くアッタマリたい

 

入館料は1200円くらいだったかな。 それくらいなら全然払える値段ですわ

 

フロアを進むと、ちょっとした広さの食堂がありまして、 蕎麦、天ぷら、カツカレー、ラーメンと、結構品揃えが豊富

 

ちょっと昼寝をするスペースもありました

 

 f:id:pencilpencil:20170107163351j:image

1階はこんなかんじ(わかるか)

 

もう寒いので食べる前にサッサと入ってしまう

 

二階に上がると男湯と女湯の二手に分かれています。

 

ここは勿論おんn...男湯へ

 

ヒェ〜〜〜! 野郎ばっかりだぜー(※当たり前)

 

雄しべしかねぇ!!雌しべがねぇ!!

 

無論そんな事など当日は考えておらず、サッサと脱ぎます。

 

体も洗います。

一年お疲れ様だぜという気持ちを込めて、丹念に身体を洗う。

 

 

  • それぞれの大晦日に

 

f:id:pencilpencil:20170106134533j:image

 

 不思議なものです。

年の最後に、この場所を選んだ人たちが皆同じ湯釜で労を労っているなんて

 

これも本当は何かの縁なんでしょうけども、皆それぞれの一年をユックリ振り返りたいだろうし、僕もそうしたかったので温泉にお邪魔したら速攻目を瞑ってしまいました。

 

湯気が灯りをくすませて、光を柔らかく溶かしほんわりと空気へ温もりを滲ませる中、ただただそれぞれの年の瀬は過ぎて行く、、、、、

 

 

 

 

書いてたらきりがなくなったので後半へ続く

 f:id:pencilpencil:20170107165223j:image