Pencil ✒︎ Pencil

買ったもの、考えたこと、勉強のこと、ADHDのこととか

瞑想や引き寄せでADHDは乗り越えられるか?

こんにちは

 

ストラテラを飲み始めて1ヶ月が経とうとしています

生活が大きく変わろうとしています

 

その効果のおかげか、ここのところ思考が勝手にぐるぐると回る癖は軽くなってきたものの、やはり文章を書いたりといったアウトプット作業の馬力は落ちてしまったようです

 

今までの、というか今でもですが、ブログを書くときはその場の勢いに任せた一発書きであり、構成なんて全く意識していませんので、ブログのレイアウトから記事の構成まで全て読みづらいゴチャゴチャしたものになっています

 

頭が落ち着いたので、このブログのレイアウトといった細かいところも今後は工夫していけたらななんて考えていたりします

 

 

 

衝動性に悩み続けてきて

ここ2ヶ月ほどで急に自分がADHDというちょっとした障害を抱えているということを自覚し始めたわけですが、もちろんこういった発達障害の多くは先天性のものであり、例に漏れず僕も子供時代から何かしらの周囲とのズレを自覚していたわけです

 

僕は思いついたことを頭の中で反芻することなく、行動に移したいという衝動に駆られて実行してしまうことが多く、学生時代からそのことで数え切れないくらいの自己嫌悪に陥ってきました

 

アルバイトを始めてからは特に自由に使える金額が跳ね上がったためか、物欲に任せて効果な買い物を繰り返し、今に至るまで貯金をすることが全くできませんでした

 

それは、数ヶ月周期でアップル製品を買い替えては、レビューをしていた半年前までの記事を読めば一目瞭然です

 

そんな自分に嫌気がさし、自分の中にある謎の飢餓感、湧き上がる衝動を抑える方法を知るためにいろんな本を読んできたわけですが、今日はそこらへんを掘り下げたいなと考えております

 

引き寄せについて

高校3年の時、そのままいけばAO推薦で間違いなく大学に入れたのに、自分が納得できないという理由で偏差値30なのに急遽一般入試で偏差値が60の国立大学を受けることにしたのでした

 

その選択は今考えても間違いではなかったのですが、かといって授業中は毎日寝ていた自分が受かるという根拠は何一つなく、自分のした決断に途方に暮れていたのでした

 

何やってもうまくいかないという悩みに直面していた高校3年性の頃に、あじゃじゃしたーという、ついこの間閉鎖してしまったまとめサイト引き寄せの法則」って知ってるやついる? ヤバイ本物だったみたいだという記事を見つけ、その内容に感化された僕は近所の書店でザ・シークレットという妙な本を衝動買いしました

 

ザ・シークレット

ザ・シークレット

 

 

その本の

  • 思考は現実化する
  • イメージを持ち、ありありとその感覚を体験すれば、それは必ず実現する
  • そのためには、プラス思考になりましょう
  • 常に感謝しましょう
  • そして、気がついたら実現していることでしょう

といった内容のことが書かれており、それまでマイナス思考が五臓六腑まで染み付いていた自分には目から鱗な情報が書かれていて、当時の僕はすっかりその思想に染まりきってしまいました

 

そして、一念発起して大学受験をしたわけですが、引き寄せの法則を知った自分は受験に受かるという確信を得た自分は、水を得た魚のように勉強しまくったわけです

 

1年半かけてようやく夏の全頭記述模試で偏差値62という値を出すことができましたが、それはまだ本気出していない現役生が雑魚状態だから数値が大きく出たのであり、秋には失速していました

 

それでも、当初の目標だった偏差値60という大台を超えることには成功し、これに関しては引き寄せの法則のとおりに願いは叶ったわけでした

 

しかし

  • 問題文を読み間違える
  • 計算ミスが治らない
  • 常に結果を焦っている状態
  • 勉強を続けていると頭に湧いてくる雑念で意識がかき消される
  • 受験計画を立てられず、行き当たりばったりの勉強を繰り返す

といった、今思えばADHDからくる頭の多動・不注意の悩みは全く解消されませんでした

 

結果、赤本やセンターの過去問を解く時間を作れず、センターは惨敗

二次試験は答案用紙の裏表を間違えて大問1大問6の答案を書くという大失態を放ち、無残にも不合格となったのでした

 

というわけで、ここから得られた教訓は

 

  • 現実化に至るまでの手順をイメージし、確信を持てていれば実現する
  • もちろん、手順に沿っていなければ実現しない
  • また、人によっては願ったタイミングで叶うことはなく、時が解決するのを待つしかない場合もある
  • 自分の意識だけに頼っても、意識が歪んでいたら叶わない
  • というか、自分の考えに固執していると、引き寄せられるものも引き寄せられなくなる

 

僕は、ADHDによる不注意と、無計画さといった障害を自分の意識だけでは改善することはできず、引き寄せを信じて願ってみても、手順を全く組めなかった

自分ではできると思っていても、実際はできないことが多いという発達の偏りに自分では全く気がついておらず、能力的にはIQ120に相当する力がある一方で、IQ80程度の力もあることから、当時の自分は己の能力への過信と、認知の歪みが相当あったことは想像に難くありません

f:id:pencilpencil:20180206205559p:plain

 

そして志望校合格という目標を達成できなかったのでした

というわけで、引き寄せに書かれているポジティブ思考には人生を好転させる力はあっても全くADHDといった脳機能障害を改善する力がないので、大人しくメンタルクリニックに行きましょう

 

 まぁ、引き寄せから学んだポジティブ思考がなければ、今頃は改善しようという意思すらないアトピー持ちの引きこもりニートだったでしょうし、働いて自分の違和感に気づいて、ADHDと気がつくこともなかったでしょうから、役に立たなかったわけではないかな

もしかしたら今この瞬間が実現に向かう過程なのかもしれませんし

受験勉強を決めてしばらくしたときにザ・シークレットに出会ったのもナイスタイミングでしたし、大きな影響を与えた一冊であることは間違いありません

 

 

瞑想や、悟りの思想について

受験に落ちてしまったので、一旦受験を忘れて働いて学費を稼ごうと思いました

しかし、働いて今まで得たこともない大金を得た僕は、その金をクールなガジェットや小旅行に注ぎ込み、全く貯金ができませんでした

 

これはいけない

 

自分の中にある、飢餓感、衝動は抑えられず、引き寄せの法則だけじゃなにも改善しないと悩んでいました

 

が、そんな中にあって最も読み漁り、参考になったのが以前にも紹介し、感想文まで書き連ねた

 

勉強すれば人生変わる

 

というテキストサイト

人生を生きやすくしていくためにはどうしたらいいのかを探り続け、受験勉強から精神世界を巡る書籍に対してまで自分の経験を踏まえた論を展開しているサイト

(以前、このサイトへの熱い感想文を書いたのですが、一番エネルギーを注いだ記事は後で読み返してみて自分でも引いたので取り下げてしまいました)

 

 

ともかく、自分は業の深い人間だと悩みに悩んでいた時に、このサイトで紹介されていたニューアースという書籍に関するまとめ記事を読んで、これこそが自分を完璧に変えるものだと信じました

 

以下、悟り系としますがその内容はだいたいこんな感じ

 

  • 自分の思考を、自分自身そのものとみなしていることに気がつこう
  • 湧いてくる思考、感情、記憶は移ろうもの、幻であり、それらに振り回されていることに気がつこう
  • そして、自分が自然界と切り離されているのではなく、宇宙という全体の一部であり、全体でもあることに気がつこう
  • 移ろうあらゆる物事を得ること失うことはそれ以上の意味を持っていないことに気がつこう
  • 今この瞬間をありのままに受け入れよう

 

といった内容なんですが、かといってキリストやブッダになるなんて無理ですし、宇宙とか逐一ワードセンスがスピリチュアルなのでそういう考え方もあるのかーぐらいに留めています

 

それでも、自分の内から湧いてくる絶え間無い思考と衝動を自分から切り離して考えたり、不安感や焦燥感を受け流す客観性、ストレス耐性は間違いなく跳ね上がり、瞑想という実践もこなしてかなり多動と衝動性をいなせるようになりました

 

そして、これを経て得た自己観察能力というものが、後に自分の持つ特性の偏りを強く自覚することにつながり、ADHDに対処するための大きな足がかりとなったのでした

 

僕の結論

おとなしくメンタルクリニック行きましょう 強いて言えば瞑想が有効

 

というのも、今まで悩んできたADHDの特性には瞑想が一番効いたような気がしたからというただそれだけ

 

高校生までの自分は不注意だけじゃなくて多動の傾向も強くでていたのでその時に診断を受けていたら混合型と言われていたんじゃないかなと思います

 

それが、不注意優勢と言われるぐらいには落ち着いたので、瞑想とそれにまつわる思想は役に立ったと思います

 

それでも、よくネットで言われるような、「瞑想すると脳内麻薬を自在に操れるようになるんでしょ?」とかいう話を実感したことは全くありません

 

そんなことできてたら、ノルアドレナリンドーパミンばかすか出してADHDなんてとっくに寛解されてストラテラなんて飲んどらんわ鼻くそボケが

 

あと、瞑想が効いたとは言いましたが、みんなで集まって瞑想しよう!!とか「〇〇様のありがたい教えを一緒に聞いて解脱しよう!!」とか、う●この吹き溜まりみたいなセミナーに行くのはクソの役に立たない、むしろ悪化するのでやめましょう

 

ADHDはその気になりやすいですし、何かと依存しやすいですから、群れてこんなことやってたらいつのも間にか骨の髄まで金を毟り取られるぞ

 

主治医のアドバイスを受けながら、自己啓発は自室でおとなしく自慰のごとくやってましょう

 

そして、引き寄せの法則ですが、これまた怪しいコンテンツですので万人にはお勧めできませんが、その思想自体は身につけると役に立ちますし、ADHDの人間はただでさえ成功体験が少ないのに、その上マイナス思考だったら尚更失敗ばかりを重ねることになります

 

前向きだろうが後ろ向きだろうが思考は現実化する

 

という言葉だけでも肝に銘じてみてはいかがでしょうか?

少なくとも、僕はこの言葉がなかったら、バカでも信じて勉強すれば成績は上がる、できるようになるという経験を得られませんでしたし、その末に失敗しても、このわずかばかりの成功体験が今でも自分を支えてくれる大切な宝物となっています

 

多動と衝動性が酷すぎて瞑想なんてできない!!という方へ

まぁ、瞑想なんかできたのは不注意型という比較的軽い方のADHDだったからのような気もするのですが、瞑想に似たことは別に座禅を組まなくてもできます

 

例えば、歩きながら自分の呼吸にちょっとだけ意識を向けてみるとか、動きながら自分の思考やその移り変わりを意識して観るだけでも全然違います

 

すぐに思考の奔流に微弱な集中力はかき消されてしまうかもしれませんが、

少しずつ、少しずつ、一瞬だけでもいいから多動にブレーキがかかる習慣を挟んでいくと、大きく変わっていくはずです

ストラテラ80mg増量 2日目 劇的な変化は感じられず

こんにてぃは

 

ADHD(少なくとも今は)と診断され、それ以前から試していたストラテラ40mgから80mgへと増量した上で、職場に復帰いたしました

 

さぁ以前と何か変わったのかな?(ワクワク)

 

【総評】さして変わった気がしない

っざけんな!w

 

というのは筋違いかもしれぬ

まだ三週間目ですからね

けれども、正直落胆を隠しきれない

 

とはいいつつ、しっかり以前との違いは感じています

そこはちゃんと後でフォローしていきたいです

 

1日目

処方1回目の40mg対し今回は2倍のストラテラ80mgが処方され、それを朝2錠飲むように言われたわけですが、飲んでみたら40mg1日目と同じような胃腸の不快感を起こしました

やたらげっぷ出るし、お腹痛いしモー大変

 

カプセルに包まれているからまだいいけど、間違いなく胃腸がパニックを起こすようなグレートな物質を体にぶち込んでいることは間違いないようです

 

それが過ぎれば、寒空を歩くと頭がやたらスースーするような、脳にメンソール塗ったような清涼感をはっきりと感じ、給食以前のような体の怠さは感じないしで、これは効果出てるんじゃないの???!と100%中の100%の期待を抑えきれなかったのですが、特別仕事が早くなったという実感もあまり感じられず、1日の終わりをなんとも煮え切らない心持ちで迎えたのでした

 

ただ、仕事が終わり帰る時の精神の疲労感はかなりマシになっていた気はします

そして寝るときは睡眠を助ける頓服を飲みました

2日目

そして、2日目ですが睡眠時間は7時間半

ですが、以前よりマシだとしても微妙に寝起きが悪く、それから3時間経っても頭がぼんやりしたままでした

 

そしてお昼休憩に入ると昼寝をしてしまい、1日を通して頭がしっかりさめていない、ぼーっとした状態が続いたのでした

 

というわけで、投薬自体を始めてから三週間ですが効果が全くないわけではないのですが、休職前とくらべて判断力や注意力も継続的かつクリティカルに改善したような気はしません

 

相変わらず、聞き間違いや判断ミスもします

 

もうちょっとロングスパンで観察する必要があるのかもしれません

 

本当にADHD(注意欠如多動性障害)不注意型なのか

 

ところで、今回WAIS-Ⅲと幼少期の思い出から今の所はADHD不注意型との診断をされたわけでしたが

席でじっとしていられず教室を飛び出すといった問題行動が幼少時代からなく、あまり目立たなかったからというだけで、なんだかんだ言って落ち着きのなさや衝動性というものが全くなかったわけではありません

 

  • 不注意
  • 多動性
  • 衝動性

というのは、いろいろ関連書籍を斜め読みしてみた僕が考えるに、それぞれが分離した問題群なのではなく、例えばぼーっとした頭脳を刺激するために無意識に多動性、衝動性を起こしていたり、そもそもそんな自助作用すらおきず半覚醒ゆえに不注意につながったりといった違いがあるだけで、そもそもの元の原因は脳の半覚醒にあるのでしょう

 

そして脳の半覚醒からくる問題群をADHDと呼ぶ

 

場合によっては、不注意優勢のADHDADDと呼んだりもする

 

ADHDについて僕は理解しましたし、そういう意味では僕はADHDであり、ADDでもあるのかもしれません

 

僕が悩んでいながらも発達障害を疑い始めるその前に、以前ADDを告白した栗原類さんの書籍を手に取ったことがあったのですが、共感できるポイントが全くないわけではないが、とても自分と同じだとは思えなかった(というか本当に違うのかもだ)

 

まぁ、彼が帰国子女でモデルという経歴を持ち、なおかつ同い年ということに尚更共感できない!庶民の俺とはやっぱり違うじゃないか!!認められん!という下らんプライドが邪魔した節もありますが、どんな恵まれた境遇にいるように見えても、本人が悩んでいることには変わらないと考えを改めるいい機会になりました

 

もしかしたら、はたから見たら僕も大層恵まれたご身分にいるように見られているのかも

 

栗原さんのその本を読み返して見ると、なんだかんだ自分と重なる部分はあるのですが、それでも彼ほど物忘れがひどい、ボーッとしてるわけじゃないよなと思ったけれども、それは小中高、そして予備校時代、フリーター時代とに分けて、多動、衝動性優位だったり、不注意優位だったりと年代ごとで症状の振り幅が広かったことも原因で、結構一貫してボーッとしてたのかもしれない

 

僕がその時その時で都合のいいように現実を切り取っているということなのでしょう

 

なのでこれから実は広汎性発達障害とか、アスペルガー症候群だとか、高機能自閉症、はたまた双極性障害だとか言われる可能性もあるかもしれませんな

 

 

マンガでわかる 発達障害の僕が 羽ばたけた理由

マンガでわかる 発達障害の僕が 羽ばたけた理由

 

 

 

ADHDでした【WAIS-Ⅲの結果発表】

ヌッハーーーーン!

 

1ヶ月前に受けたWAIS-Ⅲの結果が返ってきました!

 

待ったよ1ヶ月!! ほんと長かった

 

とはいっても、自分の発達障害を疑ったのは昨年12月

それから1ヶ月半でセカンドオピニオン、知能検査、投薬による対症療法、そして診断結果が出たのは、予約待ちで数ヶ月という場合もある中かなりのスピード診断なのかもしれません

 

追記

正確にはまだ確定じゃありません

スピード診断というと無責任な担当医であるかのような印象を与えてしまいますね

失礼しました

 

というわけで、まず知能検査の結果を公開いたします

 

IQ/群指数、下位検査

Numbersを初めて使ったのでグラフが汚いと感じるかもしれません

そこはご了承お願いします

f:id:pencilpencil:20180206205350p:plain

f:id:pencilpencil:20180206205559p:plain

言語理解:言葉の知識、言葉での理解、表現力

知覚統合:目で見たものの関係性を捉えたり、相互に関連づけ全体をまとめる力

作動記憶:耳で聞いたものを一時的に記憶し、頭の中で操作する力

処理速度:情報を素早く正確に処理する力、作業スピード

 

f:id:pencilpencil:20180206210554p:plain 

f:id:pencilpencil:20180206211132p:plain

※一般平均=10

 

  • 言語理解
  1. 単語:言葉の知識、表現力・・・16
  2. 類似:言葉についての抽象的思考・・・13
  3. 知識:一般的事柄の知識・・・11
  4. 一般常識の理解・・・8
  • 知覚統合
  1. 絵画配列:全体の流れの理解、結果の予測・・・7
  2. 絵画完成:再部への注意力、選択的注意力・・・11
  3. 積み木模様:全体を部分に分解しまとめる力・・・6
  4. 行列推理:目で見た情報の処理、抽象的な推理力・・・14
  5. 組合わせ:部分から全体を予測する力・・・4
  • 作動記憶
  1. 算数:聴覚情報の一時保持と計算能力・・・10
  2. 数唱:一時記憶の即時再生・・・6
  3. 語音整列:同時保持と処理・・・7
  • 処理速度
  1. 符号:事務的処理の速さと正確さ・・・8
  2. 記号探し:資格的探求の速さ・・・8

 

 

総合的なIQは100でした

まぁ、まずまずです

平均的な知能と言っても良いレベルなんですけども、細かく注目していくと一目瞭然

見事にグラフがガッタガタです

 

群指数のグラフを見ていただきたい

言語理解(118)作動記憶(85)の差はなんと33

 

普通に成長できた人はだいたい差が10ぐらいに収まるそうで、15を超えると発達障害と言えるラインに入ってくるそうですが、こんだけ差が出てしまうとどうなるかというと、日常生活で自分が考えているようにうまくいかないということが多くなってくるわけです

すいません、今探したらソースが見当たらなかったので取り消し線引いときます

 

 

例えば僕の場合は言語理解118

これは言葉の意味を理解し操る能力が平均より上(ちょっと嬉しい)、まぁ文章を読むことに苦労はしないし、知識を吸収したうえで考えたり、自分の考えを相手に伝えるということはそこそこできる

 

しかし作動記憶が85、処理速度が89という体たらく、これは平均以下

仕事で人の話を聞き取り、それを頭に入れて「何をするべきか?何を求められているか?」考えて整理し、判断を下すことに困難を感じるわけです

 

だから普段話している分には普通なのにいざ仕事をやらせてみると想像以上に仕事が遅いとか

面接でメチャクチャ好印象なのに、働き始めるとトラブルメーカーみたいな

 

もっと具体的にいうと、

 

 

〜シチュエーション1〜

 

上司「あれ、さっき言ったことやった?」

ME「あ、忘れてました・・・やってません・・・」

上司「うぎょじおひおvhせいお’hrゔぃお’えrんゔぃ’えwんrgp」

 

 

〜シチュエーション2〜

上司「なんでこんな仕事遅いの?」

ME「すいません」

上司「すいませんじゃなくてさ・・・ さっき言ったことわかってるよね? 説明してみて」

ME「こうでこうでこういうことですね」

上司「わかってんじゃん。なんでできないの」

ME「すいません」

上司「sdkじゃおdjゔぉ’えv’おえゔぉえゔぉえrぺrvめおpもえれ」

 

 

もう見るからにトロそうでアホっぽいのなら仕事が遅くても

「まぁそうだよね・・・」

で済むんですけども、僕みたいなやつだと落差がひどいからメチャクチャがっかりさせる

ヤンキーがメチャクチャ仕事できて実はいいやつとかだと印象が成層圏突き抜けちゃうじゃないですか

その逆パターンですよね

なんかごめんなさい

生まれ変わったら深海に住むシーラカンスなるんでマジ勘弁な

 

 セカンドオピニオンって大事だわ

はい

 

というわけで以上より僕は

ADHDの不注意型って奴に分類されるようです

 

なんかあれですね

ちょっとホッとしてます

 

12月に仕事で頭おかしくなりかけて、そこではじめて自分が発達障害なんじゃないかと疑い始めたわけですが、最初に行ったクリニックでは僕の説明不足、時間不足で自分が根本的に何に困っているのかをうまく説明できず、軽い鬱と診断されたわけでした

 

でも僕はそれに納得できず、改めて障害のことを調べなおして別のクリニックに行き、具体的に何に困っているのか、それが幼少期から続く問題であったことをしっかりと説明できたことで、より深く自分の特性を理解し対策を打つための周囲の助けを得ることができました

 

なので、診断に違和感があったら、一箇所だけじゃなくて他のクリニックも試してみること

そして、その前に自分は何に困っているのかよく分析して、明確にすることをおすすめします

 

うまく口で説明できないのであれば、紙に書き出したものを渡してもいいと思います

少なくとも僕はそうしました 

 

多分、こんなサイトに来ている人ならもう何に困っているのかはっきりとわかっていることでしょうし、紙に書けばうまく伝えられるはず

 

というわけで、僕も頑張っていきますのでどうぞよろしくお願いします

好きだからこそ恥ずかしくなる悪い癖

「自分にできることはなんなんだろ・・・?」

 

ここ最近考えていることってばそんなことばかりです

 

ニュースを見ていると、自分の同世代の人間がどんどん活躍の場を広げていくその様をいやでも見せられて、心の奥底で嫉妬している自分がいます

 

大谷翔平羽生結弦・・・・・・・・・・・・あと・・ジャスティンビーバー・・?

あれ、思いつく人意外とそんなにいねーな

 

ニュースで同世代の人間の名を見るたび、心の奥底で仄暗い噴煙がくすぶり始めるの感じますが、そんなしょうもない自分が受け入れがたくて無理やり「すげぇな〜 素晴らしいな」と口にしています

 

まぁそんなことはいいんです

 

肝心なのは、じゃあ今の自分には何ができるのか?

ムカっ腹の立つ彼らの名を見て、じゃあそこから自分は何を指針とすべきなのか考えればいいのです

 

すると大抵は

 

「彼らは自分の道を信じた その道を楽しんで、惜しみない努力と情熱をストイックに注ぎつづけた 同じことを自分もすればいいのだ」

 

という、素晴らしきありがたい模範解答を、僕の心の中のお師匠様が授けてくれます

 

でも、じゃあその道って何さ?

 

と聞くと

 

なんの答えも返ってきません

 

お師匠様はのそのそとコタツに潜り込んでみかんを食べ始めます

シカトすんなコラ

 

そこで、質問を変えみる

「なんで自分にはその道が見当たらないんだろう」

 

するとお師匠様は、屁をこきながら振り返りこう答えます

 

「いや、いくらでもその道はあったのに自分で遠ざけてきたんやろ」

 

好きになると恥ずかしくなる

正直にいうと

なんかひねった文章作ろうとして、途中で訳分からなくなりました

すません

 

ところで、自分でも意味不明なんですけども、好きなものを見ると恥ずかしくなってしまうのです

 

例えば、僕はとても気になっていた映画作品おおかみこどもの雨と雪」(2012)を見たのは公開してから2年経った2014年

 

最近だと君の名は。とか、Netflix配信の「DEVILMAN cry baby」とか、ちょっと前なら風立ちぬとか

 

見たいけれど今だに見ていません、恥ずかしくて

 

絶対自分の琴線に触れるとわかっているのに、見るべきなのにそこに踏み込むとなるとめちゃくちゃ恥ずかしくなる

 

中学時代も、部活動でどうしてもソフトテニス部に入りたかったのに、なんか恥ずかしくて他の部活にしたり

 

認めたくない自分をまざまざと見せつけられるから

 

だいたい自分が好きになるものっていうのは、なんかこう自分の心の奥底に隠れている自分の趣味趣向、外連味と性格的ないやらしさ、そんな性質、性癖はっきりと表現しているものだということ

 

そして、自分のそういう部分を死ぬほど認められない

 

大好きだってわかっているのに、そこを認めてしまうと自分の下らなくてちっぽけなプライドが崩れ去ってしまうのです

 

例えるならば、「あ、あんたなんか好きじゃないんだから・・・!」ってやつです

 

そして、そこにどっぷり浸かってしまえば、もしかしたら最高の開放感と熱意が湧いてくるってことも知ってる

 

それでもやっぱり、自分はこういう人間だと提示されると恥ずかしくて仕方がない

 

自分を、もっとカッコのよろしいオブラートに包んで人前に出さないと気が済まない

 

そんな自分だから、Twitterとかで自分の趣味を非常にオープンに晒して楽しんでいるのを見るととても羨ましく思うと同時にムカつくのかもしれない

 

もっと正直になれればいいのに

ストラテラ投薬8日目 感想 【コーヒー飲んでみた】

昨日の感想

pencilpencil.hatenadiary.jp

 

 

ちわっす

 

ストラテラ感想シリーズが8日間も続くとは思ってもいませんでした

 

正直自分の飽きっぽさはかなりのものなので、こんなにコンスタントに記録に残せているのもストラテラのお陰かしら?

 

とは言っても、目立った変化がここ数日自覚できないので、そろそろ書くことがなくなるかもだ

 

効果はぶっちゃけその日の体調次第

元も子もないことをいきなりぶちまけます

 

今まで言ってきた賞賛の声はなんだったんだ

 

なんでそんなこと思ったのかというと、昨晩はダラダラと寝る間際にスマホいじったりしていたことで寝る時間が遅くなり、起きても頭はぼーっとしてるわでストラテラが効いている気がしなかったのです

 

ストラテラは強制的に脳みその働きをブーストしてくれるわけではなく、その働きを限りなく平均に近づけるというだけの薬と捉えた方がいいようです

 

なので、日頃不健康な生活してたらそりゃ体調も優れやしないさ!というだけの話でした

 

そんなこんなで、頭が極端に重いというわけではないのですが、頭が冴えないことには変わりなかった今日の前半

 

ストラテラの効果もそろそろ安定してきたと思うし、ここらで一つ試しておこうと思ってたことを実行に移すことにしました

 

コーヒーを飲んだらどうなるの?

僕はコーヒーが大好きです

 

たっぷり睡眠をとったという前提条件はありますが、頭が冴えない日に飲むコーヒーは頭をテキメンに覚ましてくれます(ポンコツであることには変わりないけど)

 

ここ一週間はストラテラ飲んでその効果をしっかり確かめたいということもあり、控えてはいたのですが、コーヒーは飲めたら嬉しいなと常々考えていました

 

ですが、その飲み合わせは果たしてどうなんだろう?

 

調べてみると、すでに何人かがその体験談を書き残していて、それらをまとめると結論としては

 

「禁忌としては明記されていないが、薬の鎮静作用とカフェインの覚醒作用が打ち消しあう可能性がある」

 

 

とりあえず死ぬことはなさそうです

 

だから自己責任で飲んでみることにしました

 

飲んで30分ほどで頭が ”キュイーン・・・” とし始める

先ほども申し上げましたが、今日はいまいち頭が冴えませんでした

 

ボーッとしてて、細かいところに注意が向かない

何もやる気がわかない、考える気が湧かない

 

なので、自販機でTurry's Coffee 250ml缶を買ってグイッと飲み干してやりました

 

30分もすると、視界が晴れていくようなカフェインで得られる頭が動き始める感覚が湧き始めて、ただいつもと違うのは思考が破茶滅茶に飛びまくるというということなく、視界に飛び込んできたものを確実に捉える、まるで猛禽類のような鋭さが頭に伴う点

 

いつもと確実にコーヒーの効き具合が違います

 

さらに、いつもだったら数時間すると考えすぎることに疲れてめちゃくちゃ消耗するはずなのに、今回はストラテラで思考がセーブされているので全く疲れてくれない

 

なので、ずーっと気が張っている状態

 

先のこと全然考えてなくてあろうことか16時ごろにコーヒー飲んだもんだから、日付が変わりかけている今現在も頭がむちゃくちゃ覚めてて眠れる気がしません

いつもの1.5倍かそれ以上のペースでタイピングしてますからね・・・

 

どうしようこれ・・・・・絶対あとでガタくるよこれ

 

生活習慣を整えよう

うん

そもそも頭がボーッとしているのは生活が不規則なせいなのであるから、ストラテラで多少自制が効きやすくなっているのだから頑張って規則正しい生活にシフトすればいいのです

 

むやみにコーヒーなんて飲んだら夜眠れなくて睡眠時間減った結果、昼頃に眠くなるパターンになりそうです

 

刺激物取りすぎて体に負担かからないように気をつけないとなぁ・・・

 

そう思いましたとさ

 

 

ストラテラ投薬7日目感想【一週間のまとめとB’zから学ぶ相棒の大切さ】

 昨日の記事

pencilpencil.hatenadiary.jp

 

 

こんばんは

 

ストラテラ飲み始めて一週間が経とうとしています

 

さて僕はこの一週間で何が変わったのか?

 

おそらく一週間後は40mg→80mgに増量されるだろうし、中間報告という具合にまとめておこうと思います

 

変わったと思うこと

目覚めが良くなった・・・気がする

まず最初に実感したのがこれという方は多いのではないでしょうか?

 

目が覚めた時の頭がズシンと重く、ぼんやりしている感覚が軽くなったのは革命とは言わないまでも、一般的に効果が徐々に出てくると言われているストラテラを続けていこうと決めるに十分でした

 

ただ、今でも不規則な生活を送っていることもあって、完全に絶好調というわけではないのですが

 

思考がセーブされている

これ何よりグッタリするほど消耗しないので助かります

 

ADHDかどうかは置いておいて、ストラテラを飲んでいる人は日常的に頭の中を混沌とした、無秩序な思考で溢れかえっている状態が辛いという方が多いんじゃないでしょうか?

例えるとホワイトボードに思考を書き出していくそばからガキンチョがグチャグチャぁっと落書きをぶちまけていくような鬱陶しさ

 

もしも、絵を描ける、作曲できる、文章にできる等の技術を持っている方でしたら、人の心を動かせるような素晴らしい作品に昇華できるのかもしれませんが、あいにく今の僕はそのような手段を見つけていないし、仮に持っていたとしてもコントロールしきれるものではないと思っています

 

落ち着いて過ごしたいというのに、何かがトリガーとなってバババババババッと少なくとも今は役に立たない考えが弾けてしまうと、最早それを自分で止めることができないし落ち着かない

しかも、気がすむと無気力状態になってしまうというのは、頭が暴走しているとしか思えないし、ぶっちゃけ迷惑でございます

だいたいよく寝てコーヒーとか飲んだ日とかに多いということは経験則からわかっているんですけどね

 

ですが、ストラテラ飲んでから全くなくなったというわけじゃないんですけど、ぐっと抑えられるようになりました

 

 

たまに、首筋から後頭部にかけてカァッと興奮する感覚は今でも残っていますが、困るほどのことではないです

 

無駄な自己嫌悪に陥らない・・・ような

これは、上で述べた思考の暴走の延長にある問題なんです

イデアの爆発は快感なのでぶっちゃけ疲れるけど楽しい体験なのですが逆もあって、とことん自己嫌悪と一人反省会を繰り広げるという負の側面もあります

 

例えば、狭い通路ですれ違いざまの女性の方にぶつかったとして、ほんのちょっと怪訝そうな顔をしたとします もしかしたら舌打ちとかしてきたかもしれません

もしかしたらその女性はたまたま嫌なことがあっただけかもしれません

しかしどうでしょう

「うわぁぁぁぁあああああゴミを見るような目で見られた・・・ ああああああああ!! ってかそもそもそっちがよく見てなかったんじゃねーかクソが いやでも俺も反省する必要があるよね・・・ 

そういえば小学生の頃もあんなことあった(以下略)そういえばあんな嫌のこともあった(以下略)死にたい死にたい死にたい(以下略)」

 

これはちょっと誇張してますが、要するに些細なことで胸がギュゥっと締め付けられるような恥ずかしさと自己嫌悪のループに陥りやすいのです

 

薬を飲んでいる一週間のうちに、今までだったらすげぇ思いつめてしまうようなこと(だいたい女性に関わることだが)があったのに、割とすんなり別のことに関心を向けられて「あ、変わっている」と実感したことがありました

 

決めたことを実行することが以前ほど苦じゃなくなった・・・かもしれない

これはまだ完全じゃないんですけども、例えば外出しようと決めたのに6時間ぐらいダラダラしてて、結局その日は家でぼーっとしているということがしょっちゅうあったんですけども、この一週間は家出ようと思ったらススっと準備を進めて出られるようになった”気が”します

 

 おそらく副作用

便秘

ここ3日ほど、大のものが出てきてくれません

 

反抗期なのかな?

 

小学生の頃ですが深夜に猛烈な腹痛で目を覚まして、救急車に運ばれたら便秘だったなんてことがあって、今回のお通じの悪さはちょっと心配です・・・

 

もっと水分取らないとダメかもしれません

 

焦燥感

三日に一度ほどですが、言いようのない焦燥感に襲われます

何かしないと・・・このままで大丈夫なのか・・・?みたいな言いようのない不安と焦り

ノルアドレナリンの再吸収を抑えるのがストラテラという薬なのですが、ノルアドレナリンは緊張感や怒りに関わる脳内物質だそうで、これも多分薬の効果なんだと思います

 

食欲が減った

どちらかというとメリットなんですけど、ガツガツ食べ物を胃に掻き込まないと気が済まない!っていうような強い欲求が減りました

 

食べようと思えば食べられますけども、小さいチョコレートを食べただけで食欲が落ち着くなんてぐらい食が細くなりました

 

歩いていてコンビニにフラーっと寄って色々買っちゃうなんてことがないので、お財布に優しいかもしれませんストラテラ自体はクソ高いけど)

 

寒気

ここ最近日本中強烈な寒波に襲われているのでもしかしたら考えすぎなのかもしれませんが 、ただヒーターをガンガン焚いているのに寒くてしょうがないなんてことが度々あって、もしかしたらこれも副作用なのかもしれない

これから

そいうわけで、一週間経ったのでだいたいストラテラがどういう薬なのかというものはわかってきたつもりなんですが、まだ40mgだということが気になります

 

これ80mgに増やしたらどうなっちゃうんだろうと

 

もしかしたら、今感じている興奮感や考えているだけで楽しいなんて感情すらも掻き消してしまうんじゃないか?と考えてしまうくらい40mgでもよく効いてくれています

 

自分はどこでバランスを取ればいいのか?

全く薬に頼らず生きていける自信もないし、かといってせっかく持っている特質を生かす努力をせずに無駄にしていくのも違う気はするし。。。

 

ストラテラを土台にして生活を組み立てていったとして、もしも薬が使えなくなったら僕は途方に暮れてしまうと思うんですよね・・・ それが起きないという確証はないのです

 

遅かれ早かれ、僕には信頼できるパートナーが必要になるのでしょう

その誰かを見つけるために、薬に頼りながら自分を磨いていくことが必要だと感じています

 

B’zから学ぶプロデューサーの大切さ

急に話が変わりますが僕はB’zが好きでして

 

B’zはギターの松本孝弘さんが自分のグループを作ると決めて、ボーカルを探した末に見つけた稲葉浩志さんと結成したのが始まりだったのですが、当時の稲葉さんは歌は上手いけど業界に関してはズブの素人

 

作詞も作曲もやったことすらないし、そもそも人付き合いも喋りも下手というぶっちゃけいくらイケメンだとしても音楽業界をのし上がる素質は0としか思えない体たらくだったのですが、そんな稲葉さんを捕まえた松本さんの審美眼はマジですごいとしか言いようがない

 

松本さんはスタジオミュージシャンとしての経験と人脈あったし、コミュ力と独自のビジョンをしっかり持っていたことはもちろんですけども、稲葉さんに作詞を完全に任せて自分は作曲に専念する、ギャラは均等に分配、チームが出したアイデアは平等に試す等の卓越したリーダーシップの才能も持っていたおかげで、稲葉さんは自分のスタイルを見つけて磨くことに専念できたわけです

 

なんか、まるで稲葉さんが凡人かのような言い方ですが、そんなことはなくてとんでもねーフロントマンとしての才能を持ったダイアの原石だったわけで、それでも松本さんに結成を決意させたのは間違いなくあの根っこの素朴、純朴な人柄だったのではないかと

 

松本さんがいなかったら絶対稲葉さんは売れてないと思います

かといって松本さんの中音が強調されたギターサウンドを最大限に生かすボーカルの持ち主稲葉さんしかありえなかったとも思います

 

・・・ごめんなさい、何が言いたいのかというと、僕にはそんなビジョンを持ったサポーターが何より必要だよなと、B’zくらい噛み合ってるサポーターが必要だと思った

 

それだけのことです

 

おやすみなさい

 

 

翌日の感想

 

pencilpencil.hatenadiary.jp

 

ストラテラ投薬6日目 感想【工藤新一になりたかったあの頃】

 昨日の感想

pencilpencil.hatenadiary.jp

 

 

こんにちは

6日目です

今日の感想は、ある種の敗北宣言ってやつです

 

今までの22年間はなんだったんだ本当に・・・!ってくらい、ストラテラの効果を実感する毎日

 

なんだこれ マジで

返してくれ〜〜〜〜22年間・・・っ!!

 

Q.「小学生の頃の夢はなんでしたか?」

 

A.「宇宙飛行士、パイロット、天文学者、物理学者、俳優、小説家、映画監督、タクシーの運転手、工藤新一でした!!!!1」

 

夢定まらなさスギィ!!!

ちなみにこれら、友人や先生に公言してた夢のリストです

 

青木ヶ原樹海かよ

方向性ブレブレじゃねーか

 

でも、大体カテゴライズすると

  • 運転する仕事
  • 考える仕事

のどちらか、または両方をまたぐ仕事っていう傾向はあるみたいね

ってか工藤新一タクシーの運転手ってなんやねん

 

いきなり現実見つめ始めたよね

そもそも、江戸川コナンじゃなくて工藤新一ってところが、願望を未来に丸投げしている証拠だよね

ま、まぁ・・・将来の夢だからギリセーフってことで・・・

 

(本当を言うと、当時タクシー移動が多かっことと、コナンばっか見てたからだと思われる)

 

 ちなみにどれくらい、工藤新一に憧れていたかと言うと

 

  1. 友達が怪我をしました
  2. 周囲のお友達が駆け寄って手当てします
  3. 保健室に連れて行きました
  4. 一方、僕は地面に滴る血を見て推理しています
  5. 「(ポコリン!!)わかったぞ!! 彼女はここから足を滑らして怪我をしたんだ!!」

 

?「探偵ごっこはそこまでだ」

 

思い返すとこの小学生マジでやべー・・・

 

ともかく、当時の自分はそれくらい冷静沈着に論を進めることに憧れを抱いていたわけです

自分はすごい頭脳の持ち主なんだ!! 頭がいいんだ!!って信じたかったのだろう

 

でも、それが全然できない自分というのも自覚していて、すごいコンプレックスだったんだと思います

すぐに癇癪起こして、何かに怯えて、喧嘩もすぐ負けてな・・・

 

だからこそ、冷静沈着に論を運び、時にピリリと光る閃きを武器に犯人を追い込んでいく名探偵コナンの世界がすごい輝いて見えたわけです

 

でも、現実で考えていることといえば、口喧嘩に勝ちたいとかそんなことばかり・・・

 

ストラテラ6日目の感想

本題

今日の話ですが、勉強してました。 ずっと

 

ストラテラで自分の集中力がどのように変わったのかを測ろうと思って、久しぶりに色々書物を引っ張り出してきて、片っぱしから読んでました

 

そうしたら、やっぱり頭の中が空想や関係ないアイデアで満たされた世界に吸い込まれないんですよね

 

やっぱりすごいわストラテラ

 

全く関係ないアイデアが浮かばないわけではないんですけど、頭が興奮していながらも関心を向けるべき対象にすぐに戻れる

これはデカイ

 

ADHDはアイデアマンだ!!っていう話をよく聞きますけど、それを抱えている多くの人は、アイデアを形にできないと思います

 

上で小学生の頃の夢を書き出しましたけど、 やりたいことが宇宙飛行士かと思えば小説家になったりするわけです(でも小学生ってそんなもんか)

 

形にしようと思っても、別のアイデアが浮かんできてそっちに目を奪われるからどちらに形になりゃしない

 

大学受験に集中したいのに描きたい漫画のアイデアが浮かんできたって困るんです

イデアがドバドバ出るのは単純に気持ちよくて多幸感MAXなのもタチ悪い

だから、ここ4、5年間はいかにアイデアを押さえつけるかという点に腐心してきたのです

しかしそれは好奇心を犠牲にするということでもある

それが辛かった

 

ずーっとそんなこと悩んでたのに、ストラテラ飲んだらスッとできるようになった

 

好奇心に満たされて頭はハイなんだけど、ちゃんと動作は落ち着いている

これだよ!! この感覚

これぞまさしく夢にまで工藤新一ではないか!!!

 

でももう22歳にだよ!! しかし時の流れは速いな!!

 

投薬で解決することへの疑問

努力や意志ではどうにもならないことというのを、今回のADHD疑惑騒動で突きつけられたというか・・・

なんというか挫折感、敗北感もあるんです

 

ですが、有難いことには変わりないのです

本当に、研究を進めている方々に対して心から感謝している

 

正直、この薬を小学生の頃に試していたらどうなっていただろう?と思うのです

 

色々やりたいことがあっても、挫折することばかりだったから・・・めっちゃ苦しかったぜ

 

ちょっと悔しいのです

もっと違う17歳、22歳の自分がいたんじゃないかなって

 

まぁ、まだ6日目なんで、薬の効果がどう転ぶかまだわからんのですが・・・

 

次の日の感想

 

pencilpencil.hatenadiary.jp

 

ストラテラ投薬5日目感想【焦燥感】

 前日の感想

pencilpencil.hatenadiary.jp

 

 

こんばんは!

 

今日の昼に昨日一日に感じたことをまとめてブログとしてまとめていたのですが、それから外に出かけたので、半日しか経っていないですが今日感じたことをまとめます

 

       f:id:pencilpencil:20180128180517j:plain

 

不安と焦燥感

モチベーションが上がらないなんて今に始まったことじゃないんですけども、何かやるべきだと感じていながらどれも手がつかない場合、大抵散歩して外の空気吸ってリフレッシュします

 

今日もその通りにしたんですが、妙な焦りも加わってて居心地が悪い

 

今までは「自分のペースでやればいいや、ってかそうさせてくれよ!!」と開き直っていたんですけども、心がザワザワしてしょうがない

 

多分、頭の中がスッキリした結果、隠れていたやるべきことが見えてきたんでしょうね

 

それで、外でないと頭がスッキリしないなぁと考えて出かけたんですけど、今日は日曜日なんでどこ行っても混んでるのね

 

6店くらいカフェ回ったんですけどどこも満室で・・・・

 

衝動的に道を逸れると言うことがなくなったためか、目的を設定してまっすぐそこに向い易くなった気はするんですけど、目的が達成されない場合にイラッとした感情が湧きやすくなったかもしれないです

 

優先順位を意識しやすくなった・・・・のか?

 

正直、今もなんか焦っています

焦燥感で胸と頭がざわざわしてます

 

ストラテラ自体は脳内のノルアドレナリン量を増やす薬らしく、ググってみるとノルアドレナリンは適度な緊張感を生む作用があるんだとか

 

薬が効いてるってことですね、これは

 

 

それでは、また

 

 

 次の日の感想

pencilpencil.hatenadiary.jp

 

ストラテラ投薬4日目感想【聴覚・食欲・感情・眠気】

前日の感想

 

pencilpencil.hatenadiary.jp

 

 

 

昨晩も感想を書こうと思っていたのですが、強い眠気に襲われて帰ってきたらすぐに寝てしまいました

 

というわけで感想をまとめておこうと思います

 

睡眠について

睡眠時間は6時間

 

夜の1時頃に寝て、朝7時ごろに起きることができたのは、やっぱり薬のおかげでしょうか

 

ですが、睡眠時間6時間は正直足りないので、やっぱり眠気は残っていました

 

そのせいか、昼間になるとグンと眠くなったり

 

以前だと、頭がぼーっとしていると自覚していながら意識しないと昼寝できなかったんですけどね

 

なんか、おじいちゃんになった気分ですよ

 

食欲について

だいぶ食が細くなりました

 

朝飲む前に食事を取るんですけど、昨日はナポリタンと軽めのご飯を食べて、コップ2杯分のお湯でストラテラを流し込んだら、すっげぇ胃がモタれて気持ち悪かった・・・

 

こんな食べ方なんでもなかったんだけれどなぁ・・・・

 

なんか書いてる感想が40代を迎えたおっさんの感想みたいで笑えます

 

カラオケに行ったら聴覚に違和感

カラオケが好きです

バイトで疲れた時、音楽を聴いてすごく共鳴した時、自分の中から湧いてくる衝動を発散するのに抜群の効果を発揮するのがカラオケで歌うこと

 

正直お金の無駄遣いとは思っているんですけどね

楽しいことには変わりない

 

昨日は気持ち悪くてしょうがないから、気分をリフレッシュしようと思って行きました

 

B'zとか、ONE OK ROCKとか歌ったんですけど、オケを聴いてて違和感がある

 

以前は音が、衝撃波のように襲ってきて、そこに飲み込まれたら一気に音楽世界に飛び込んでいけるぐらいの感応能力があったつもりなんですけど、 今回はなんか意識していないとオケについていけないってくらい、俯瞰して聴いてしまう

もちろんテンションは上がるんですけどね

 

歌うことに集中すると、オケから意識が逸れて上手く曲にそって歌えなくなる

 

なんだろう、自分の意識の切り替え次第で、スピーカーのON/OFFをカチカチ切り替えているんじゃないかってくらい音に意識が持ってかれない

そのせいか、オケに合わせて歌うことができない

これは結構驚きですよ

 

ですから、合わせて歌うには、よくオケを聴いていないければいけない

 

そこで注意して聞いたのがドラムとベース

 

高校時代に所属していた軽音楽部でも、ドラムとベースをちゃんと聴いたほうがいいと教わったことがあって、

「ぶっちゃけそんなの無理じゃね? 曲にトリップしてたらそんなもん意識してらんないし、何度か聴いて曲のノリつかめりゃ歌えるじゃん!」

なんて思ってて、今までそうしてきたんですけど

 

で、今回歌っている時に初めて意識して聴いてみたんですよね

 

だからといって急にちゃんと歌えるかとかそういうわけじゃないんですけど、曲がドラムとベースを土台にギターとボーカルを乗っけた、4人が作る音で構成されているんだとはっきりわかったんですよね

 

4人でこんな重厚な曲を作れるんだ!!とバンドというものに対してより一層敬意が湧いてきたというか

 

仮にカラオケだったとしても、その中で自分が歌っている間、自分もその4人目になってスタジオで歌っているような感覚になれたわけです

 

こういう視点は今までになかったなぁなんてしみじみ思った

 

ウジウジ考えなくなった

僕は基本シャイで人見知りなもんで、初対面の人にはすげぇ気を使うんですけども、昨日初めてあった人に対して、すごく自然体で接することができたというか、別れた後も

 

「なんか変なこと言っちゃったかなぁ・・・」

「あそこであんなこと言うなんて・・・・ああああああああ!!!」

 

とか、会って別れるまでに交わした会話のハイライトをリピートして一人反省会をひどけりゃ1時間してるんですけど、 今は

 

「そんなに気にすることでもないからいいや」

 

なんて構えてられた

無駄に胸が痛まなくなったというかね

でも、これは行き過ぎると逆に人の気持ちを考えすぎないってことに繋がりそうだから、これからもやる価値はあると思いますけどね

 

ここまでくると、ちょっと怖いかな・・・・この薬

 

 

 5日目の感想

pencilpencil.hatenadiary.jp

 

ストラテラ(40mg)投薬3日目感想【VS衝動買い】

 

前日の感想

pencilpencil.hatenadiary.jp

 

 

 

f:id:pencilpencil:20180126214022j:plain

 

投薬3日目 あざす

 

昨晩は22時頃には床に着いたのですが、なかなか寝付けなくて結局寝ついたのは深夜2時

昼夜逆転の名残が未だ残っているの、朝型に変えていくにはまだまだ時間がかかりそうです

 

さて、

今日はストラテラ40mgを朝11頃に飲みました

 

ちょっとお腹がゆるいことと、寝付きの悪さを除けば副作用らしい副作用も無いのですが、今日は久しぶりに衝動買いをしそうになりました

そのことについてまとめておこうと思います

 

モンハンやりたい

MONSTER HUNTER WORLDが今日発売

 

なかなか評判がよろしいようで、中学時代にモンハンポータブル3rdを買って以来ノータッチの僕でも今作は試してみたいなと思っていました

 

が、PS4を持っていないので、あらかた買い揃えると4万円ほど吹っ飛ぶわけで

 

休職中の僕にはこれはかなりでかい出費になるわけです

 

この先、ちゃんと復職できるかもわからない、休職した分の給料は出てない

貯金があるとはいえ、ストラテラは高いので、毎月諭吉さんが天に召されることになるわけですから、余計な出費は控えるべき!!

 

なんですけどねー

なかなか買いたいという欲求は収まらないじゃないですか?

 

  1. 退屈(ドーパミン不足)
  2. 何か買って興奮したい!
  3. 買った後の生活を想像し、頭が興奮し始める
  4. だが今買うべきではないと葛藤する
  5. なんとか抑えるけど、やはり退屈
  6. 1.に戻るか、結局買ってしまう

 

特にADHDの人なんか、多分こんな思考パターンに陥りがちなのでは?

そんで無駄な買い物増えて、後悔して・・・

でも欲求が収まらなくて無駄に消耗してしまう

 

もういっそ出家したくなるze

(出家して解決するのであれば楽だが、人間である以上そんなことはないと思う)

 

冷めぬ興奮

買って友達と遊びたい!! でも買ったら後悔する・・・

 

なぜか頭はカッカカッカ熱くなっていて自分を説得しても冷めてくれない

 

結局電気屋さんの中ズーーーーーーーっとぐるぐる回って、

「買おうかなー、買おうかなー」って考えてしまうの

買うべきじゃないのに!!

 

ここら辺はストラテラ3日目の時点では根治できないみたいです

僕の場合は、ですが

 

なんとか抑えた

ですが、ストラテラも負けてはいなかった

 

強烈な物欲ではあるのですが、文字通り

”周りが見えなくなってしまうほど欲しい!!!”

というほどの物欲ではなく、今までと比べると若干弱くなっている感じはしました

 

ですが、無駄に頭が興奮しているのでやっぱり今日は疲れた

 

今も頭が若干暑くなっていて、すげぇため息が出る

今日寝られないかもしれないなぁ・・・

 

興奮すると落ち着きがなくなる

やっぱり、改善していくにはまだまだ時間がかかるようです

興奮しているせいか一つの場所に落ち着いていられなくて、しきりにカフェをハシゴしてしまったよう

 

ADHDってやっぱり異常なんですかね??

こういう物欲を健常者の方は感じないのでしょうか? 

そんなことないんでしょうけども・・・

 

 感想

ストラテラは自分には合っているのかもしれん

 

有難いことに目立った副作用も今の所はない

ですが、検索すると

  • 強烈な吐き気
  • 多汗
  • めまい
  • 勃起障害
  • 排尿障害

なんてとんでもねー副作用がバンバン出てくるもんだから、初日は毒杯を仰ぐ覚悟で飲み込んだんですけども

 

ここからは、素人の想像なんですけども、僕はお酒をほとんど飲まないことも関係しているのかなぁなんて

その代わり、水をぐびぐび飲んでますし、肝臓で処理しやすいのかもしれません

 

ストラテラは肝臓で処理されるらしいので、今後もお酒は飲まないほうがいいのかも

 

 

 次の日の感想

pencilpencil.hatenadiary.jp