読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Pencil ✒︎ Pencil

買ったもの、考えたこと、勉強のこととか。

【レビュー】初代からApple Watch series1へ買い替えた感想

久しぶりのレビューです

 

ゴールデンウィークですね。

 

関東はいい具合に晴れが続いています。

 

こんな日が続くと、僕なんかは外に出たくてウズウズしてしまうので、適当にぶらぶらして過ごしています。

 

外出するとき、僕は欠かさずApple Watchを身につけます。

 

こいつがですね、なかなか楽しいやつ。

自分の運動量を視覚で捉えることができるというのは、想像以上に日々の運動へのモチベーションに繋がります。

それ以外にも、時間感覚がかなり養われるようになり、とても気に入ってます。

 

というわけで、この先2年後も使うだろうから性能を一段階上げておきたいと思い、 今回Apple Watch Series 1を購入いたしました。

 

・・・・要するに物欲に負けたということです。

 

 

 

開封

f:id:pencilpencil:20170506192405j:image

これが外箱

初代はSportモデルでもアダプターと充電コード、スペアバンド、そして気合の入ったプラスチックケースに入れられた本体と一式入っていたのですが、  Series 1は本体と充電コード、そして長さの異なるスペアバンドのみ。 

充電アダプターは別途用意しなければなりません。

そして付属の充電コードも半分ほどの長さに。 

梱包も、かなり簡素なものに。

f:id:pencilpencil:20170506193202j:image

 f:id:pencilpencil:20170506194854j:image

 

なぜseries2ではなくseries1にしたか

series2には

  • GPS
  • Apple Pay Suica
  • バッテリー容量の向上(駆動時間は変わらず18時間)
  • 耐水から防水(プールでの使用が可能に)
  • 排水機構の導入
  • 画面の明るさが2倍

 

など、series1にはない機能がいくつか追加されています。

しかし、僕はSuicaを頻繁には使いませんし、ランニングもそんなにしません。

Suicaを使うような外出の場合でも結局iPhone7は手放しませんから、1万円プラスしてまでseries2にするメリットが無いのです。

 

しかも、series1もseries2と同様内蔵チップは初代のシングルコアからデュアルコアへと、性能が向上していおり、動作もかなり速くなっています。

それでも初代発売当時と比べて13000円安い。

これはseries1一択でしょう。

 

38mmから42mmへと変えて感じたこと

腕が細い僕としては38mmでもさして違和感なく使えていたのですが、42mmに変えてみるとかなり使用感が違うように感じました。

 

まず、入力が楽。

38mmでは意識を集中させる必要が多少あったのですが、42mmではそれが無い。

地味ですが、コレは大きなアドバンテージだと思いました

 

恥ずかしい話をすると、

購入したその足で、秋葉原マクドナルドで開封の儀を執り行ったのですが、 いざ 42mmを腕に巻こうとすると、 バンドが長過ぎてスッカスカになってしまったのでした。

 

「うわぁ・・・・ なんだよこれサイズ全く合わないじゃん!! なんてコッタ!! 返品しなきゃ!!」

 

と顔を真っ青にしてしまったのですが、 替えバンドが入っていることを思い出し、 それをはめたところなんとかピッタリハマってくれました。 本当に焦った。 

 

【シルバーアルミニウムケース ホワイトスポーツバンド】から【スペースグレイアルミニウムケース ブラックスポーツバンド】に変えて

 

なんで最初からコレにしなかったのかと思うくらい、スペースグレイはシックでかっこいい。

シルバーアルミニウムも、もちろん清潔感があって気持ちのいいカラーに違いはないのですが、スペースグレイと比べてチープな印象をぬぐいきれず、それが少し残念だったのです。

 

そして当たり前ですが、ホワイトバンドは汚れが目立つ。

ジーンズや鉛筆の筆跡と擦れあった結果、かなり残念な見た目になってしまっていました。

その点ブラックバンドは汚れが目立ちません。

 

 ただスペースグレイにも弱点もあって、スペースグレイはシルバーと比べて、スポーツバンド特有のポップなカラーとあまり合わない気がします。 

 

電池持ち

売却前の初代と比べてかなり良くなった気がします。

初代は1日の終わりに30パーセントほどだったのが、series1は60パーセントくらいまで持ってくれます。(主な用途は下に書きました)

 

ただ、初代は38mm、series1は42mmそれぞれ内蔵されているバッテリーの容量が違うので、単純に比較はできませんが、 消灯しとけば42mmの方がバッテリー持ちはいいのではないでしょうか。

 

そして、このブログを書いている現在もバッテリー残量は55パーセント

昨晩の7時に充電し、 腕につけたまま眠り、一日外出をした1日の後でも、これだけ残ってくれるので、うまく使えば2日持つんじゃ無いでしょうか。

f:id:pencilpencil:20170506184042j:image

 

動作の速さ

デュアルコアはいいぞ

初代と比べ、watchOS3でもキビキビと動いてくれます。 まぁ、初代も使えないほどに遅いわけではなかったんですけどね。

ただこの速さがいつまで続くのか

 

何年使えるか

初代はwatchOS3でもなんの問題もなく動いていたので、series1ならWatchOS6までならなんの問題もなく使えるんじゃ無いでしょうか。 Apple Watchに要求される性能が3年ぽっちでそこまで増えるとは思えないのです。

 というわけで、バッテリーも2年置きくらい交換すれば最大5年は使えると思います。

快適に使えるかは別として。

 

Apple Watchをどう使うか

Apple Watchに興味があるけど、何に使えるのかしら? という方のために、僕のApple Watchの主な用途はというと、 大まかに

時間管理
健康管理

 

1.タイマー(標準アプリ、TimeSheet)

f:id:pencilpencil:20170506193920p:imageストップウォッチとタイマー

f:id:pencilpencil:20170506194342j:image

TimeSheet

タスク別に実行時間をカレンダーに記録できる上、一定時間経つと経過時間を通知してくれるので簡易的なポモドーロテクニックにも使える優れもの。

 


2.睡眠トラッキング
f:id:pencilpencil:20170506194411p:image
睡眠に入ると全自動で睡眠の質、時間をトラッキングしてくれる。ちなみにこの日は寝すぎた。

3.水分補給
f:id:pencilpencil:20170506194423p:image

WaterMinder

水分不足は体を疲れやすくするので、このアプリを使って1日2L水分を摂取できるようにしています。


4.目覚まし(標準)

これらの機能を文字盤に配置し、すぐに起動できるようにしています。


何より、僕が気に入っているのはタイマーとバイブレーション機能の組み合わせです。 静かな場所にいることが多いので、音を鳴らさずにバイブレーションで通知してくれるのは非常に嬉しい。

 

初代から Series 1に買い換える必要は勿論ない


当初は「Apple Watchなんて何に使うんだ!!!買って損した!!」と思っていたものの、日に日にその役割は増して行き、今では風呂に入るとき以外はフル稼働させているほどになりました。

 

となると初代Apple Watchの電池持ちが心許なくなってきたのでした。



かといって僕自身、 マイナーアップデートでしかないSeries 1なんか正直買うべきかどうかをかなり迷いましたが、これから先もApple Watchは使うでしょうし、いま初代を中古でソコソコの値で買取に出して仕舞えば結果としては特なのではないかと判断し、Apple Watch Series 1 42mmアルミケース スペースグレイ ブラックバンドを購入する運びとなりました。

 

ちなみに初代Apple Watchは2015年 10月に購入したもので、たったの一年半で買い替えたことになります。 あー勿体ねぇ。

 

そして残念ながら初代は状態が悪かったので、じゃんぱらで7000円にしかなりませんでした・・・

10000円はいって欲しかったなぁ・・・

 

そんな感じです。書きたい事がまた出来たら随時書き加えていこうと思います。

 

以上Apple Watch Series 1のレビューでした

感謝とは繋がりを意識することなんじゃないか

 

 

 

・・・・牛乳が好きです

 

ほんと好き。

 

牛さんミルクは本当に美味しい

 

なんだよあれ。 

 

牛のミルクやん

 

だって牛やん

 

人間じゃないじゃないか

 

いや、スーパーに「20代!新人ママさんのフレッシュミルク一番搾り(成分無調整)」とか置かれても困るけど

 

っともかく僕は牛乳が大好き

 

牛さんが牧草を食む

 

牛さんが全身全霊をかけてミルクを捻り出す

 

農家のおっちゃんが絞る

 

スーパーに並ぶ

 

俺が買う

 

飲む

 

グレートですよこいつは

 

何かしらの循環を感じてしまうね

 

その瞬間は特に生かされていることを感じてしまう

【喜び】現代文ができるようになってきた

東大六郎さんに影響されて、現代文をやるようになって9ヶ月ほど。

 

だんだんと感覚をつかめるようになってきました。

 

 

やっている問題集は

 

 

入試現代文へのアクセス 基本編 (河合塾シリーズ)

入試現代文へのアクセス 基本編 (河合塾シリーズ)

 
入試現代文へのアクセス 発展編 (河合塾シリーズ)

入試現代文へのアクセス 発展編 (河合塾シリーズ)

 
入試現代文へのアクセス 完成編 (河合塾シリーズ)

入試現代文へのアクセス 完成編 (河合塾シリーズ)

 

 

 の3冊と、副読本として

 

ことばはちからダ!現代文キーワード―入試現代文最重要キーワード20 (河合塾SERIES)

ことばはちからダ!現代文キーワード―入試現代文最重要キーワード20 (河合塾SERIES)

 

 を使っています。


僕は論理的思考力が弱いと常々思っていて、 話していても相手に自分の意図が伝わらなかったりするたび、自分の重要課題は論理的思考と言語能力を磨くことだと痛感します。

 

そして、それらを鍛えるのには現代文が最適だと思います

 

受験生時代、 本当に一番やりたい科目は現代文だったのですが、高校が理系だから大学も理系にしなければいけないと考えて、現代文をやるべきではないと諦めていました。

センター試験でしか使いませんし。(センターでも6割しか得点できなかった)

 

そんで全て失敗して、 もう適当でいいやと開き直って2年ほどフリーターをエンジョイしているのですが、ここにきてやっと伸び伸びと現代文をやることができているわけです。

 

思うのですが、国語力が高い人ほど、何事も成長が早いような気がします。

 

色んなエッセイを読んだりするのですが、 側から見てビックリするような結果を残した人のうち、言語能力が高い、もしくは国語が得意だったりする人が多いような気がします。。(エッセイを書くくらいだから当然かもしれないけど)

 

 「頭で情報を整理する力」と「相手の言っていることを的確に理解する力」が有るのと無いのとでは新しい知恵、技能を身につけるスピードもやはり違うのでしょう。

 

受験生時代からそれが気になっていて、 自分の欠点も鑑みても、現代文こそが鍵なんじゃないかとずっと思っていました。

 

ただ、志望校が理系、高校も理系という環境の中で、 現代文を積極的に鍛えることの意義を見出しずらかったこともあって、しばらく放置していたのですが、六郎さんのサイトを発見して、読んでいるうちに「やっぱり俺の課題は現代文だ」と思い至りました。

 

それで精神トレーニンングと並行して趣味に近い形で現代文をやってきたわけでした。

 

 

そして、現代文をやるうちに、 口から言葉もスルスルと出るようになり始め、 思考も明晰になり始めました。

 

僕がやっていることは、 問題文を繰り返し読み込んだ後、設問を吟味することなのですが、わからなければすぐに解説を読んでしまい、しばらく放置した後復習するぐらいなのですが、 繰り返していくうちに、脳味噌が勝手に出来るようにしてくれるのか、 ふと出来るようになっている自分に気がつくわけです。  これは楽しいですよ。

 

そう、やっていていつも思うのですが、文章を読み込んで、体に染み込ませていく過程は気持ちがいいものです。

 

脳みそが喜んでいるような気がします。 水を与えられたお花みたいに。

 

2、3日サボると、頭がドンドン萎れて、頭が回らなくなるのを感じますし、 そこにきて現代文やるとなおさら気持ちがいいので、なんだかんだ現代文を楽しんでやることができています。

 

入試現代文へのアクセスですが、 始め、基本編ですら四苦八苦してたのが、今では発展編の最後らへんの問題もスムーズに思考できるようになってきました。 

 

成長を感じます。

ただ、もうちょい早く回答できるようになりたいです。

20分で回答できるようになるのが、当面の目標です。

寄付は効果があるのかもしれない。 かもしれない。

お久しぶりです。

 

なんかだいぶ間が空きましたな。

 
感謝の言葉シリーズですが、 それもやってますよ。

5日目で急にフェードアウトしてしまった僕をみて、「あ、こいつ飽きたな」って思ったかたもいるかもしれません。

 

やってます。

 

まぁ、一日ごとに成果を書いていても、そんな書くこともないので、結局ネタを貯めることにしました。 

ネタつっても地味な変化ばかりなので、一層まとめずらいというか。 

文章にいちいちするのも、僕としては時間が勿体無いので。

 

 

ところで、これを読んでいる人は寄付してますかね〜。

僕は色々と実験も兼ねてたまにやってるんですけども。

 

この記事読んでいる人も、色々と調べて試してみている人ばかりだと思うので、 寄付についても耳にしたことあるでしょう。

 

よく耳にするのは、金持ちは寄付するだとか、 寄付すると巡り巡って返ってくるとか、そんな話。

 

多分、こういった分野を担当するスピリチュアリストらの理屈としては、

お金はエネルギー、 エネルギーは還流するものなので、 お金を手放すと、返ってくるのだ  

ということなんでしょう。

 

そこらへん、あまり素直に

「へー!!!そうなんだぁ♫  それじゃあ僕もりっちになれるのかなぁ!\\\٩( 'ω' )و ////」

 

と頭ハピネス☆にして素直に納得はできないのですが、  寄付自体にはなにか魔力のようなものを感じるので、たまーにやってみたりしてしまいます。

 

なんでしょうかね。 たまーに、お金を使うことに執着する自分が嫌になって

 

「こんなもん要らねーよ!!! ファ◯ク!!!」

 

とお金をドブに捨てたくなるんです。(そのお金で助かる命があるのになんてことを)

 

ーーーーーーーー

 

寄付金額は6000円ほど(覚えているのは)

 

で、具体的にどんなことしたかというと、記憶に残っていることとしては

 

  • コンビニで1000円寄付×2(なんとなく)
  • 学生主導の東日本大震災への募金活動へ1000円寄付(同い年が頑張ってて応援したかった)
  • バイト先に人にちょっとしたドリンクとかあげる。最高額としては、 妖怪ウォッチのバッチ入り食玩3000円分を、お子さんがいるママさんにあげたこと。(子供は狂喜乱舞したそうな)

 

とかか。

あ、ママさんにあげたやつは下心とかあったわけではなく、 単純に僕がある事情で妖怪ウォッチ食玩3000円分を買ったけど、妖怪ウォッチとかやる歳じゃなかったからお子さんにあげただけ。

 

あとは、要らなくなったものは売るんじゃなくて、あげるとかね。 

 

ただ、高額なものあげようとしても、有難いことに人に恵まれているのか、 みんな遠慮して受け取ってくれないんですよねぇ。 当然っちゃ当然かもしれないけど、やっぱり有難いことでもあるよね。

 

ってか、お金をドブに捨てたくなるとかほざきながら、寄付の規模はショボいというな。 

そこら辺はツッコマナイデ。

 

 

戻ってきた金額6300円(うち3000円は図書カード)

 

そんで、 予期せず受け取ることができた金額は6300円ですかね。記憶に残っている限りでは。

物品ではなく、金券に限ります。

 

なんだ戻ってきているじゃん。 

 

それ以外でも、 実は6万円分くらいは人からタダでもらったりしたのですが、 これらは予期できなかったわけではなく、不思議な巡り合わせを全く感じないので ノーカウント。

 勿論感謝はしていますよ。 そりゃ6万円だもん。

 

ただ、この6300円というのは、

不意になぜか頂くことができたお金

 

そんなことしなくてもいいのに・・・と思わずためらってしまいながらも、頂いてしまったお金でした。

 

それでも別に増えて返ってくる訳ではないのね・・・ まだまだこれからなのかもしれませんが。

 

僕が予想する効果がある寄付の仕方

イマイチ法則がつかめないのですが、 僕が上であげた寄付した6000円は、だいたい

 

「こんなもんなくても俺はフリーダムだぜ!! くれてやるよ!」

とか

「あー、お金が消えてなんだかスッキリするな!! ヒュぅ!!」

とか

「なんかいいことしちゃったZE」

とか

 

執着から解き放たれたようななんとも言えない快感の伴う寄付金だったことは確かです。

 

 

ただ微妙なのは、 1円を寄付しても執着から解き放たれた気はしないでしょうが、 僕自身は1円くらいなら戻ってくると確信しているので、 実際それでも1円は返ってくるであろうということ。 

 

そんなこんなで、単純に

 

開放感の強さ=それに見合った金額

 

という図式が立てられるのかというと、 やはりそんな単純じゃないような気もするので、やっぱりイマイチ効果があるのかわからないといった感じです。

 

それに、返ってくることを期待しながら寄付するのも違うような気がしますし。

 

まぁでも、 寄付自体は一回壁を乗り越えると、クセになってしまうような楽しさがあるので、 みなさんもやってみたらいかがぁ? 

 

 

ニューアースで英語をかじる

ニューアースは何度も読みたくなる。

 

スピリチュアル過ぎる感じも否定できませんが、 感覚で掴めるようになるとかなり実用的で応用の効く本ではある。

 

もっと一般向けで尚且つ似たこと言っている本だと「嫌われる勇気」でしょうか。

実際に買って、そこから精神的支柱を作り上げるために行ってきた読書の遍歴は以下の通り。

 

心屋仁之助系→嫌われる勇気→ニューアース

 

現時点ニューアースに落ち着いてます。

ってかタイミングが悪かったせいだろうけど、嫌われる勇気は全く僕の血肉にはならなかった。

ただ今読み返すと、ニューアースとニュアンスが似ていることに気がついた。ニューアースだけに。

 

ちなみに心屋仁之助は結構好き。 これは励まされたし、何度か役に立った。 

まぁ自己啓発書なんて完全に好みだし、色んな主張があっても良いってかあってもらわないと困る。

心屋仁之助さんの本は下の奴ともう一冊買ったけど、僕はこの下の本だけ気に入って読み直してました。

 

でもこの人のセミナーとかは絶対行きません。 特にこの人に恨みがあるわけでもないけど。

こういうのは独学した方がいいと思うんです。

だって自分の内面を測るのは最終的に自分じゃないですか。

良い筆者が書いてるのであれば、その筆者にとって重要なエッセンスは抜き出せますし。

 

 今調べたらこの本で言ってた「武道館でライブをする」ってホラを実行に移してやがった。

支持者がいると叶えてくれるもんなんだねぇ。

ただプレミアムシート50000円ってどうなんだよ。ポールマッカートニーかお前は。

一般席10000円は、まぁ出したい人は出せば良いんじゃないですか。 俺は出さないけどね。

これがB’zなら払う。

 

 

 んなことどうでも良くて、ともかくニューアースは何度も読み直したくなる本であり、もしかしたら日本語訳をかなり覚えてしまった方もいるんじゃないしょうか。僕はそこまでたどり着いてませんが。


筆者の知性のためか、一文一文に味わいがありますんでね。 この本。

 

まぁともかくニューアースに関して、僕は以前、せっかく何度も読みたくなるような本なら英語版を購入してしまって、日本語訳と読み比べて英語に慣れるのもアリなんじゃないないかなと思って、12月にKindleで原語版を購入してました。

 

それで、第1章から読もうと思ったけど、うんざりしてやめた。

 

でも買っちゃったしなぁー、とか考えている時に閃いた。

それでたまーにこんなことしてます。

f:id:pencilpencil:20170127163814j:image

日本語版で気になった太文字部分を見つけたら、英語版開いて、太文字部分と対応する一文にライン引いて、そこに日本語訳をメモ書きするんです。 で、何度も声に出してみるの。 

興味ない英文覚えさせられるよりもずっと楽しい。 

 

ってなわけで、ニューアースに限らず、好きな本の日本語訳版と英語版を持ってる方はぜひ試して下さい。

【もう回復】咳だけでもインフルエンザA型を疑おう

追記 注意喚起を重視した形にタイトルを変えました。 咳だけしか出てなくてもインフルエンザを疑おうな

 

いやぁ、 参ったね。 

 

昨日、朝起きたら微熱と体が軋むような違和感、さらに頭がホワホワするような浮遊感を感じて、急遽病院に掛かったら、インフルエンザでしたぁ! 草ぁ!!

 

そういえば最近タミフルってあんまり処方されないんですね。

 

イナビルという吸入型のお薬をもらいました。

 

感謝の言葉とか、悟りとかやっていても、結局感染するときは感染するのな。

 

それで今の僕はというと一日中寝込んだら、熱も引いて大分楽になったので、インフルエンザの時の僕の体がどう反応したか、備忘録がてら書いてみるぜ

 

【1・2日目】最初に咳が2日続いた

今回反省しなくちゃなぁ、と思ったのがこれ。

 

インフルエンザといえば急に熱と倦怠感がくるものだと思っていたので、 この時点でインフルエンザだとは気がつかなかった。 それ以外は全くピンピンしてたし。 

あと他には、夜にやけに目が醒めるとかも、今思えば予兆だったのかなぁ。

 

【3日目】 微熱 痰が絡む

3日目の夜

妙に悪寒がするのでおデコを触ると少し熱い。

咳も痰が絡むようになる。

それ以外は至ってピンピンしていたのでいつも通り寝ることにした。

 

【4日目】 高熱・倦怠感・関節痛・意識の浮遊感・声の枯れ・睡魔

朝起きると、さっき言ったように微熱に加え、体が軋むような違和感を感じました。

 

起きたのが朝4時だったのですぐに病院に行くこともできず、 開くまでは自宅待機しかなかったのですが、次第に倦怠感、意識の浮遊感が強くなってきました。

 

病院に行く頃には頭もフワフワしており、受付のお姉さんが綺麗だったことを除けば何も目に留まらない状態。 うん。 受付のお姉さんが綺麗だった。笑顔が素敵だった。

 

病院から帰ると、何かやろうと思っても手がつかないので、何にもできない。 

開き直ってぼーっとしていると、 体が勝手にベッドの方へ向き、 そのまま一日中寝込んでしまいました。 (靴を買って、美しい雪山の中に囲まれたパーキングエリアで感嘆をあげる夢を見ました)

 

起きる度に熱も上がったり、視界が妙に明るくなる等、どんどん体調が悪化しているのを感じて、 「このまま死んだらどうなるんだろう。 まぁ死んでも何も損なわれることなんかないんだよな。 しょーがないのかもな」とか考えてました。  大真面目に死ぬとは思ってませんがね。

 

【今日】 熱が引く・痛みが楽になる 代わりに鼻水が出る

はい。 というわけで。 大分回復しました。

 

しかし、体って凄いです。 こういうウイルスと戦うときは普通に眠くなるもんなんですね。

 

僕の場合、以前なら「やった!! 休みだ!! さぁ思う存分遊ぶぜ!!」と考えて、倦怠感なんか無視してあれこれやっちゃうんですが、それが風邪を長引かせることに繋がっていたのかもしれません。

 

今回は、もう諸症状を全面的に受け入れ、 何も抵抗せずに体の求めるままにジッとしてました。  

なんで、肉体的に苦しむのを一日に止めることができたのかも。

 

精神的には日頃の積み重ねか、 割とニュートラル。 

 

 

というわけで、  インフルエンザにはお気をつけて

 

【ぼやき】風邪ひーちまいました

 

久しぶりの風邪です。

 

うーん、頭がフワフワするぜ。

 

みなさまもも体温めて過ごしてくれよなー